亀田藩

岩城家

2万石 
外様 柳間 城主格

岩城家は戦国期には磐城平を根拠とする戦国大名であったが、南隣の佐竹家との関係を強め、佐竹義重の子を当主に迎え、岩城貞隆とする。その後も佐竹家の与力大名的な性格が強い。

関ヶ原でも佐竹家と行動をともにし、信濃川中島に減転封されるが、秋田に移された兄義宣の指図が、遠国のためにままならないので、近くへ移して欲しいと願い、出羽亀田へ移封された。

政治面でも秋田佐竹家の指導下にあり、支藩的性格が強かった。

しかし幕末にあっては、関ヶ原時に佐竹家と行動を伴にして、減封された轍を踏まないようにと、新政府側についた秋田藩と決別し、奥羽列藩同盟に加わったが、これがまた裏目に出た。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岩城吉隆(よしたか)

従五位下 修理大夫
岩城貞隆の子。すなわち佐竹義重の孫である。のち宗藩の実兄佐竹義宣に子がなく、秋田藩二代藩主佐竹義隆となる。

二代

岩城宣隆(のぶたか)

従五位下 但馬守
佐竹義重の子で、秋田藩初代佐竹義宣、初代吉隆の父岩城貞隆の弟。
 

岩城重隆(しげたか)

従五位下 伊予守
岩城宣隆の子

三代

岩城秀隆(ひでたか)

従五位下 伊予守
岩城重隆の嫡子景隆は勘当、秀隆はその景隆の子

四代

岩城隆詔(たかつぐ)

従五位下 但馬守
仙台藩主伊達吉村の弟伊達村興の子

五代

岩城隆恭(たかよし)

従五位下 伊予守
仙台藩一門伊達村望の子

六代

岩城隆恕(たかのり)

従五位下 伊予守
岩城隆恭の子

七代

岩城隆喜(たかよし)

従五位下 伊予守
岩城隆恕の子

八代

岩城隆永(たかなが)

従五位下 但馬守
岩城隆喜の四男

九代

岩城隆信(たかのぶ)

なし
岩城隆喜の五男

十代

岩城隆政(たかまさ)

従五位下 修理大夫
岩城隆喜の六男

十一代

岩城隆邦(たかくに)

従五位下 左京大夫
岩城隆喜の七男

十二代

岩城隆彰(たかあき)

従五位
近江宮川藩主堀田正誠の長男

出羽の諸藩に戻る

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る