泉藩

内藤家→板倉家→本多家

内藤政長が7万石で磐城平に入る際、嫡男忠興にも磐城泉2万石を合わせて賜った。この泉領は、内藤忠興が平藩を嗣ぐにあたって、政長の弟、内藤政晴に与えられ、別家としての泉藩が成立する。

内藤氏は上野安中へ転封、板倉氏が同地より入る。

板倉氏は遠江相良へ転封、本多氏が同地より入り、幕末まで続く。

地図はこちら


歴代藩主

内藤家

分知新封 2万石
譜代 城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤政晴(まさはる)

従五位下 兵部少輔
磐城平藩主内藤政長の二男

二代

内藤政親(まさちか)

従五位下 丹波守
初代内藤政晴の長男

三代

内藤政森(まさちか)

従五位下 丹波守
二代内藤政親の長男

上野安中へ

板倉家

上野安中より 1万5千石
譜代 雁間 城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重同(しげあつ)

従五位下 伊予守
神保元茂の二男に生まれ、母方の祖父の安中藩主板倉重形の養嗣子となる。

二代

板倉勝清(かつきよ)

従四位下 佐渡守 侍従
板倉重同の長男

遠江相良へ

本多家

遠江相良より 1万5千石→2万石
譜代 帝鑑間 城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠如(ただゆき)

従五位下 越中守
大和郡山藩主本多忠直の三男として生まれ、次兄の本多忠通が相良藩主に入ったが17歳で没したため、兄の後を嗣ぐ。

二代

本多忠籌(ただかず)

従四位下 弾正大弼 侍従
本多忠如の長男

三代

本多忠誠(ただしげ)

従五位下 河内守
本多忠籌の庶子

四代

本多忠知(ただとも)

従五位下 河内守
本多忠誠の長男

五代

本多忠徳(ただのり)

従五位下 越中守
本多忠知の三男

六代

本多忠紀(ただとし)

従五位下 能登守
本多忠知の四男

七代

本多忠伸(ただのぶ)

従三位 兵庫助
本多忠行長男から養嗣子となる。

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る



































.