磐城平藩

鳥居家→内藤家→井上家→安藤家

戦国期には岩城氏の領するところであった磐城平は関ヶ原の後、伏見城を守って戦死した鳥居元忠の子、鳥居忠政が12万石を与えられ入封し磐城平藩が成立した。 その後最上氏の改易に伴って、出羽山形へ転封。

替わって、上総佐貫から内藤政長が7万石で入る。嫡男内藤忠興にも磐城泉2万石を同時に合わせて賜った。この泉領は、内藤忠興が平藩を嗣ぐにあたって、政長の弟、内藤政晴に与えられ、泉藩が成立する。内藤忠興は新田1万石を二男内藤政亮に分知し、湯長谷藩が成立。

平藩の内藤氏はその後第一揆責任を問われ、三方所替えで、日向延岡へ転封。常陸笠間の井上氏が2万3千石で入る。

井上氏はすぐに転出し、替わって美濃加納から安藤氏が入る。幕末動乱の中、老中となった安藤信正は公武合体を推進するが、坂下門外の変で襲われ負傷し、隠居謹慎2万石を減じられた。

地図はこちら 拡大図


歴代藩主

鳥居家

下総矢作より 12万石
譜代帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

鳥居忠政(ただまさ)

従四位下 左京亮
鳥居元忠の子

出羽山形へ

内藤家

下総佐貫より 7万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤政長(まさなが)

従四位下 左馬助
内藤家長の長男

二代

内藤忠興(ただおき)

従四位下 帯刀
内藤政長の長男

三代

内藤義概(よしむね)

従四位下 左京大夫
内藤忠興の長男

四代

内藤義孝(よしたか)

従五位下 能登守
内藤義概の三男(長男早世、二男内藤義英は病弱の為廃嫡)

五代

内藤義稠(よししげ)

従五位下 左京亮
内藤義孝の長男

六代

内藤政樹(まさき)

従五位下 備後守
三代内藤義概の廃嫡された二男内藤義英の長男

日向延岡へ

井上家

常陸笠間より 3万7千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井上正経(まさつね)

従四位下 河内守 侍従
井上正之の長男

大坂城代、摂津・河内・播磨・近江のうちへ

安藤家

美濃加納より 6万7千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

安藤信成(のぶなり)

従四位下 対馬守 侍従
美濃加納藩主安藤信尹の長男

二代

安藤信馨(のぶきよ)

従四位下 対馬守
安藤信成の二男(長男信厚は廃嫡)

三代

安藤信義(のぶよし)

従四位下 対馬守
先代信馨の廃嫡された兄安藤信厚の長男

四代

安藤信由(のぶより)

従四位下 対馬守
先々代安藤信馨の五男

五代

安藤信正(のぶまさ)

従四位下 対馬守
安藤信由の長男

六代

安藤信民(のぶたみ)

なし
安藤信正の長男

七代

安藤信勇(のぶたけ)

従五位下 対馬守
従三位
信濃岩村田藩主内藤正縄の子内藤正義の二男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る




































.