一関藩 

宗藩仙台藩の3代藩主伊達綱宗が、遊興放蕩を咎められ、幕府から蟄居逼塞を命じられ、2歳の亀千代が相続するにあたって、藩祖政宗の11男である伊達宗勝と、田村宗良に後見が命じられ、それぞれ、一関3万石、岩沼3万石の分知を受けて立藩する。

伊達宗勝は有名な伊達騒動を起こし、断絶。(詳細は山本周五郎氏の著作「樅の木は残った」をお読み下さい。)

その後、田村宗良の子、建顕が岩沼から移り、以後、幕末まで田村家の領するところとなる。

浅野内匠頭長矩が預けられ切腹したのは、この田村建顕の江戸藩邸である。

田村家は古くは坂上田村麿の後裔とされ、戦国期の田村清顕は陸奥三春に拠っていたが娘を伊達政宗の正室として送って、伊達傘下に入った。

基本的には仙台伊達藩の支藩としてのスタートではあるが、田村建顕は幕府奏者番に付き、譜代格を得ている。


歴代藩主

伊達家

分知新封3万石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

伊達宗勝(むねかつ)

従五位下 兵部少輔
仙台藩祖伊達政宗の十一男

騒動により断絶

田村家

陸奥岩沼より 3万石
外様 柳間 城主格


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

田村宗良(むねよし)

従五位下 隠岐守
仙台藩二代藩主伊達忠宗の三男

二代

田村建顕(たてあき)

従五位下 右京大夫
田村宗良の二男

三代

田村誠顕(のぶあき)

従五位下 下総守
旗本田村顕当の五男

四代

田村村顕(むらあき)

従五位下 隠岐守
伊予宇和島藩主、伊達宗贇の二男。伊達宗贇は田村宗良の兄の仙台藩三代藩主伊達綱宗の子であり、村顕は田村宗良の甥の子である。

五代

田村村隆(むらたか)

従五位下 下総守
仙台藩主伊達吉村の五男。四代村顕から見れば従兄弟の子である。

六代

田村村資(むらすけ)

従五位下 左京大夫
仙台藩一門登米伊達村良の長男。伊達村良は仙台藩主伊達吉村の八男で、先代田村村隆の弟。

七代

田村宗顕(むねあき)

従五位下 右京大夫
近江堅田藩主、堀田摂津守正敦の二男。堀田正敦は実は仙台藩七代藩主伊達宗村の子であるから、宗顕は先代村資の従兄弟の子。

八代

田村邦顕(くにあき)

従五位下 左京大夫
七代田村宗顕の二男

九代

田村邦行(くにゆき)

従五位下 右京大夫
七代田村宗顕の四男
 

(田村通顕(ゆきあき))

従四位下 美作守 侍従
九代田村邦行の子で、田村家十代となるところ、宗藩仙台藩主伊達慶邦の養子となるが早世。

十代

田村邦栄(くによし)

従五位下
仙台藩一門、角田の石川義光の二男

十一代

田村崇顕(たかあき)

従五位下 右京大夫
石川義光の四男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る


































.