福島藩 福島城址の写真 All Photo By Ken究所長


上杉領→天領→本多家→天領→堀田家→板倉家

陸奥の国の信夫郡、伊達郡の地域は関ヶ原処分後も上杉藩領であった。

上杉綱勝の急逝により、吉良義央の子綱憲による上杉家の相続が、会津藩主保科正之の尽力で認められたが、その際、米沢藩は30万石から15万石への減封となり、この時に、信夫郡など、陸奥にあった上杉領は幕府天領となった。

その後、大和郡山から本多忠国が入り、福島を城地にしようと準備したが、3年で播磨姫路に転封。

再び幕領となるが、山形より堀田正仲が入り10万石を領するが、次代正虎は再び山形に転封。

信濃坂木より板倉重寛が入り、3万石。以来幕末まで板倉氏の支配となる。


歴代藩主

本多家

大和郡山より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠国(ただくに)

従四位下 中務大輔 侍従
松平(水戸)頼元の二男(頼元は水戸初代徳川頼房の三男)、本多政長の養子となる。母が小笠原忠真の娘で、その母が本多忠政の娘であったことから、本多忠政の外曾孫である。

播磨姫路へ

<天領>

堀田家

出羽山形より 10万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主
官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

堀田正仲(まさなか)

従四位下 下総守
堀田正俊の長男

二代

堀田正虎(まさとら)

従四位下 伊豆守
堀田正俊の二男、正仲の双子の弟

     出羽山形へ

板倉家

信濃坂木(坂城)より 3万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重寛(しげひろ)

従五位下 甲斐守
板倉重種の長男

二代

板倉重泰(しげやす)

従五位下 出雲守
板倉重寛の長男

三代

板倉勝里(かつさと)

従五位下 甲斐守
河内丹南藩主高木正陳の二男

四代

板倉勝承(かつつぐ)

従五位下 内膳正
板倉勝里の長男

五代

板倉勝任(かつとう)

なし
板倉勝里の二男

六代

板倉勝行(かつゆき)

従五位下 備中守
備中松山藩主板倉勝澄の四男

七代

板倉勝矩(かつのり)

従五位下 河内守
上野安中藩主板倉勝清の五男

八代

板倉勝長(かつなが)

従五位下 内膳正
板倉勝矩の長男

九代

板倉勝俊(かつとし)

従五位下 甲斐守
板倉勝長の長男

十代

板倉勝顕(かつてる)

従五位下 内膳正
板倉勝俊の長男

十一代

板倉勝尚(かつなお)

従五位下 甲斐守
板倉勝顕の長男

十二代

板倉勝達(かつさと)

従五位下 内膳正
九代板倉勝俊の弟勝定の長男

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る