会津藩


蒲生家→加藤家→松平(保科)家

会津藩の地は戦国期には芦名氏の、後には伊達政宗の割拠するところであったが、秀吉の奥州処分で蒲生氏郷の所領となる。

氏郷没後、上杉氏が120万石をもって越後春日山より移。関ヶ原処分の結果、上杉氏は米沢30万石に減転封、宇都宮から蒲生氏が帰るが嗣子なくして絶え、加藤嘉明が伊予松山より入封するが、これも家中騒動で収公。

このあたり、会津藩は大封ながら、なかなか安定しない。

二代将軍秀忠の庶子で、家光の実弟、保科正之が入封するにあたって、藩主家の安定を見る。 
会津若松は奥羽の外様各藩を押さえる扇の要であり、信頼篤い家門大名を配置する必要があったのである。
保科正之は、叔父として幼い四代将軍家綱を実直に補佐し、幕政でも活躍。この保科正之を藩祖として、幕末の容保まで、ご家門親藩の中でも越前松平家に次ぐ家格の大名家として、幕府の柱石となる。

保科正之は将軍家綱からの松平姓の下賜を再三辞退しており、松平姓を名乗るのは三代正容からである。
保科正之については、各種手頃な読み物が出ている。中公新書「保科正之」などをお読みいただくと、この数奇な運命をたどった清廉実直な人物がお分かりいただけると思う。

会津藩の幕末の悲劇の藩主、松平容保については司馬遼太郎氏の「王城の護衛者」を是非ご一読いただきたい。

地図はこちら  拡大図

関連サイト


歴代藩主

蒲生家

下野宇都宮より 60万石
外様 城主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

蒲生秀行(ひでゆき)

従三位 飛騨守 参議
蒲生氏郷嫡男

二代

蒲生忠郷(たださと)

従三位 下野守 参議
蒲生秀行嫡男

嗣子なく断絶
忠郷弟の出羽上山藩主蒲生忠知に名跡が許され、伊予松山へ

加藤家

伊予松山より 40万石
外様 城主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤嘉明(よしあき)

従四位下 左馬頭
岸教明(たかあき)の子

二代

加藤明成(あきなり)

従四位下 式部少補 侍従
加藤嘉明嫡男

家中騒動の上、領地返上を願い出て改易。
のちに子の加藤明友に石見吉永1万石で名跡取立。
さらにのち、近江水口2万石

松平(保科)家

出羽山形より 23万石
家門親藩 溜間 城主


 

藩主名
官位・通称 出自(実父・嫡出関係)

初代

保科正之(まさゆき)

正四位下 肥後守 左近衛中将
徳川秀忠の四男

二代

保科正経(まさつね)

従四位下 筑前守
保科正之の四男

三代

松平(保科)正容(まさかた)

正四位下 肥後守 左近衛中将
保科正之の六男

四代

松平(保科)容貞(かたさだ)

従四位下 肥後守 左少将
松平正容の八男

五代

松平(保科)容頌(かたのぶ)

正四位下 肥後守 左中将
松平容貞の嫡男

六代

松平(保科)容住(かたおき)

従四位下 肥後守
松平容貞の弟容詮の第二子

七代

松平(保科)容衆(かたひろ)

従四位下 肥後守 左少将
松平容住第二子

八代

松平(保科)容敬(かたたか)

正四位下 肥後守 左中将
水戸藩主徳川(水戸)治保の二男である美濃高須藩主松平(尾張)義和の子

九代

松平(保科)容保(かたもり)

正三位 肥後守 参議
美濃高須藩主松平(尾張)義建の六男、先代容敬の甥である

蝦夷・陸奥・出羽の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

































.