柳河藩

田中家→立花家

関ヶ原の戦功で、東海地方に連なっていた豊臣大名たちは、大加増を受けつつも西軍の没収地である中国、四国、九州へと遠ざけられる。

田中吉政もその一人で、三河岡崎10万石から、筑後一国32万5千石を与えられて、柳河に入る。忠政に継ぐが、無嗣を理由に断絶。

関ヶ原で、西軍について、この柳河を没収されていた立花宗茂が陸奥棚倉3万石から、旧領に復し、10万9千余石。

立花家は豊後の大友氏の庶流で、立花鑑連−道雪は戦国の名将として名を馳せ、同じく名将として名高い高橋紹雲の子を養子にもらい受けた。これが立花宗茂である。

立花宗茂は戦国武将の生き残りとしては世代が若いこともあって、伊達政宗とともに、家光に戦場の物語をする相伴なども勤めている。

四代立花鑑任は現在の「お花」御殿、集景亭を完成して。お花御殿は現在も残り、立花家現御当主が経営され、一般の観光客も利用できる高級料亭旅館となっている。


歴代藩主

田中家

三河岡崎より 32万5千石
外様 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

田中吉政(よしまさ)

従四位下 筑後守 侍従
田中重政の子

二代

田中忠政(ただまさ)

従四位下 筑後守 侍従
田中吉政の四男

無嗣改易

立花家

陸奥棚倉より 10万9千石
外様 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

立花宗茂(むねしげ)

従四位下 左近将監 侍従
高橋鎮種の長男。立花鑑連の嗣となる。

二代

立花忠茂(ただしげ)

従四位下 左近将監 侍従
高橋鎮種の次男(立花宗茂の実弟)立花直次の四男

三代

立花鑑虎(あきとら)

従四位下 左近将監 侍従
立花忠茂の四男

四代

立花鑑任(あきとう)

従四位下 飛騨守
立花鑑虎の二男

五代

立花貞俶(さだよし)

従四位下 肥後守 侍従
二代立花忠茂の七男立花貞晟(さだあきら)の子

六代

立花貞則(さだのり)

従四位下 飛騨守
立花貞俶の二男

七代

立花鑑通(あきなお)

従四位下 左近将監 侍従
立花貞俶の三男

八代

立花鑑寿(あきひさ)

従四位下 左近将監
立花鑑通の五男

九代

立花鑑賢(あきかた)

従四位下 左近将監
立花鑑通の四男立花鑑一(あきがず)の長男

十代

立花鑑広(あきひろ)

なし
立花鑑賢の長男

十一代

立花鑑備(あきのぶ)

従四位下 左近将監
立花鑑賢の二男

十二代

立花鑑寛(あきとも)

従二位 左近将監 少将
一門立花寿俶の子

筑後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る