宇土藩(熊本新田藩)

細川家

3万石
外様 柳間 陣屋

熊本藩主細川忠利の父、細川忠興は、二男の細川立孝を非常に愛し、自分の隠居領である八代城と所領3万石を立孝に与えようと考える。
しかし、八代は枢要の地であり、また忠興、立孝の死もあり、立孝の子行孝が幼少であったこともあり、3万石は宇土の地に与えられ、熊本藩支藩としての宇土藩が成立する。

支藩として宗藩を支え、熊本藩宗藩に二人の藩主を送っている。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

細川行孝(ゆきたか)

従五位下 丹後守
細川忠興の二男(細川忠利の弟)細川立孝の子

二代

細川有孝(ありたか)

従五位下 和泉守
細川行孝の三男

三代

細川興生(おきなり)

従五位下 山城守
細川有孝の長男

四代

細川興里(おきさと)

従五位下 大和守
細川興生の長男

五代

細川興文(おきのり)

従五位下 中務少輔
細川興生の三男

六代

細川立礼(たつひろ)

従五位下 和泉守
細川興文の二男 宗藩を継ぎ細川斉茲となる

七代

細川立之(たつゆき)

従五位下 和泉守
細川立礼の長男

八代

細川立政(たつまさ)

従五位下 中務少輔
細川立之の長男 宗藩を継ぎ細川斉護となる

九代

細川行芬(ゆきか)

従五位下 豊前守
細川立之の二男

十代

細川立則(たつのり)

従五位下 山城守
細川行芬の二男

十一代

細川立真(ゆきざね)

従五位下 豊前守
細川行芬の五男

肥後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.

.