臼杵藩

稲葉家

5万石
外様 柳間 城主

稲葉家には譜代大名と、外様大名がある。

この臼杵の外様の稲葉家の方が宗家といって良いだろう。

織田信長、躍進の契機を作った西美濃三人衆、稲葉一鉄入道良通の子が、臼杵藩祖稲葉貞通。

譜代大名で、山城淀藩など何家かある稲葉家は、遠祖は同じだが、林姓を名乗っていたのが、稲葉一鉄の孫娘にあたる春日局の夫であった正成が、稲葉姓に復したのが始まり。

で、春日局のコネクションで、家光に大名に取り立てられたのが稲葉正成に始まる譜代の方の稲葉家である。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉貞通(さだみち)

従四位下 右京亮 侍従
稲葉良通の子

二代

稲葉典通(のりみち)

従四位下 侍従
稲葉貞通の子

三代

稲葉一通(かずみち)

従五位下 民部少輔
稲葉典通の長男

四代

稲葉信通(のぶみち)

従五位下 能登守
稲葉一通の長男

五代

稲葉景通(かげみち)

従五位下 右京亮
稲葉信通の長男

六代

稲葉知通(ともみち)

従五位下 能登守
稲葉信通の二男

七代

稲葉恒通(つねみち)

従五位下 伊勢守
稲葉知通の二男

八代

稲葉菫通(まさみち)

従五位下 能登守
稲葉恒通の二男

九代

稲葉泰通(やすみち)

従五位下 能登守
稲葉菫通の長男

十代

稲葉弘通(ひろみち)

従五位下 能登守
稲葉泰通の二男

十一代

稲葉雍通(てるみち)

従五位下 伊予守
稲葉弘通の二男

十二代

稲葉尊通(たかみち)

従五位下 民部少輔
稲葉雍通の長男

十三代

稲葉幾通(ちかみち)

従五位下 備中守
稲葉雍通の長男

十四代

稲葉観通(あきみち)

従五位下 伊予守
稲葉幾通の弟稲葉通学の長男

十五代

稲葉久通(ひさみち)

従五位下 右京亮
稲葉雍通の外孫にあたる岡野知英の五男

豊後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る