小城藩

鍋島家

7万3千石
外様 柳間 陣屋

佐賀藩の鍋島家は竜造寺家からの家系簒奪の実行支配を強めるために、いわゆる三支藩と呼ばれる、小城、蓮池、鹿島の三つの支藩を創設し、竜造寺一門のウェイトを相対的に弱め、名誉職的な家臣団に組みこむ。

鍋島元茂は佐賀初代藩主鍋島勝茂の庶長男であったが、生母の関係から二男光茂が嫡となり、元茂は祖父の鍋島直茂の元で育てられる。祖父直茂の隠居領を基礎に、さらに、父勝茂より分知を受け、小城藩が成立する。

佐賀藩の三支藩は分知だが、本藩の石高は変更しておらず、35万余石のまま。従って、小城、蓮池、鹿島の三支藩は佐賀藩の内高であり、本来ならば、陪臣だが、参勤も行うようになり、大名として扱われるようになった。


歴代藩主
 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

鍋島元茂(もとしげ)

従五位下 紀伊守
佐賀藩主鍋島勝茂の長男

二代

鍋島直能(なおよし)

従五位下 加賀守
鍋島元茂の長男

三代

鍋島元武(もとたけ)

従五位下 紀伊守
鍋島直能の長男

四代

鍋島元延(もとのぶ)

従五位下 加賀守
鍋島元武の長男

五代

鍋島直英(なおひで)

従五位下 加賀守
鍋島元武の子

六代

鍋島直員(なおかず)

従五位下 紀伊守
鍋島直英の子

七代

鍋島直愈(なおます)

従五位下 加賀守
鍋島直員の長男

八代

鍋島直知(なおとも)

従五位下 紀伊守
鍋島直愈の子

九代

鍋島直尭(なおたか)

従五位下 紀伊守
鍋島直愈の子 直知の弟

十代

鍋島直亮(なおすけ)

従五位下 加賀守
鍋島直尭の子

十一代

鍋島直虎(なおとら)

従五位下 紀伊守
宗藩佐賀藩主鍋島直正の二男

肥前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る