森藩

久留島家

1万2千石
外様 柳間 陣屋

伊予来島の河野水軍の一翼を担った来島家。来島長親は、関ヶ原で西軍についてしまうが、福島正則が本多正信に取り成して、豊後森に移されて、海を失うが大名としては生き残る。

九鬼家のように東軍についていたとしても、瀬戸内の要衝、来島に水軍大名がそのまま割拠している状態と言うのは、やはりあり得なかったであろう。

来島を久留島に改めたのは、二代通春の時だという。

三代久留島通清は二人の弟に1000石、500石を分知し、石高は1万4千石から1万2千500石となる


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

久留島長親(ながちか)

従五位下
来島通総の長男

二代

久留島通春(みちはる)

従五位下 丹波守
久留島長親の子

三代

久留島通清(みちきよ)

従五位下 信濃守
久留島通春の子

四代

久留島通政(みちまさ)

従五位下 伊予守
久留島通清の長男

五代

久留島光通(てるみち)

従五位下 信濃守
久留島通清の弟久留島通貞の三男

六代

久留島通祐(みちすけ)

従五位下 信濃守
久留島光通の七男

七代

久留島通同(みちとも)

従五位下 出雲守
久留島光通の子で先代通祐の弟

八代

久留島通嘉(みちひろ)

従五位下 伊予守
久留島通同の二男

九代

久留島通容(みちかた)

従五位下 安房守
久留島通嘉の三男

十代

久留島通明(みちあき)

従五位下 出雲守
久留島通嘉の子で通容の弟

十一代

久留島通胤(みちたね)

従五位下 信濃守
久留島通嘉の子で通容、通明の弟

十二代

久留島通靖(みちやす)

従五位下 伊予守
久留島通胤の子

豊後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る