三池藩

立花家

加増 1万石
外様 菊間 陣屋

立花宗茂の実弟(高橋紹運の二男)は初め高橋家を継いでいたが、のち兄の立花を姓とし立花直次と名乗っていた。関ヶ原で兄と行を伴にしたため、三池の旧領を没収されていた。立花直次は許されて常陸のうちに5千石を得ていたが、子の立花種次の時、5千石を加増のうえ、旧領の筑後三池に戻り、1万石の大名となる。

六代立花種周は外様ながら幕政に参与し、若年寄にまでなるが、失脚して咎めを受け、子の種明は陸奥下手渡に左遷。一度は5千石の旗本となって諸侯の列から外れるが、次ぎの種恭のとき三池に5千石を与えられ、1万石に復した。

立花種恭は明治元年に居所を陸奥下手渡から、三池に戻している。

ここでは陸奥下手渡への転封は、煩雑になるので、三池で一連の藩として表記する。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

立花種次(たねつぐ)

従五位下 主膳正
高橋鎮種の二男で、実兄立花宗茂の姓を名乗った立花直次の長男

二代

立花種長(たねなが)

従五位下 和泉守
立花種次の長男

三代

立花種明(たねあきら)

従五位下 主膳正
立花種長の長男

四代

立花貫長(やすなが)

従五位下 出雲守
立花種明の長男

五代

立花長煕(ながひろ)

従五位下 和泉守
立花貫長の長男

六代

立花種周(たねちか)

従五位下 出雲守
立花長煕の二男

七代

立花種善(たねよし)

従五位下 豊前守
立花種周の四男
陸奥下手渡へ
 

立花種温(たねはる)

従五位下 主膳正
三池へ

 

立花種恭(たねゆき)

従二位 出雲守
立花種善の弟種道の子 

筑後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る