久留米藩

有馬家

丹波福知山より 21万石
外様 大広間 城主

久留米は関ヶ原まで毛利元就の庶子で、輝元に実子ができるまで毛利家の世継ぎに擬せられていた毛利秀包が別家を立てて、所領としていた。関ヶ原で毛利が敗れ、除封され、その後に、有馬豊氏が入った。あまり目立たない大名家だが、21万石は大封で、佐竹家や南部家よりも大きく全国20位の大藩である。

有馬豊氏も秀吉取り立ての大名と言って良いが、関ヶ原で東軍となった豊臣大名は、論功で倍増以上の加増を受けるケースが多かったが、その後理由を構えて改易となっている家が多い。有馬家は大過なく明治まで封を守っている。

幕末には尊王攘夷の急先鋒、真木和泉が出ているが、藩論自体は終始佐幕で、戊辰戦争に参加するのは鳥羽伏見以降である。

この有馬家は赤松家の庶流で、有馬温泉の摂津有馬郡の地頭となって有馬を姓とした。肥前有馬のキリシタン大名の有馬晴信の有馬家とは関係ない。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬豊氏(とようじ)

従四位下 玄蕃頭 侍従
有馬則頼の二男

二代

有馬忠頼(ただより)

従四位下 中務大輔 侍従
有馬豊氏の二男

三代

有馬頼利(よりとし)

従四位下 玄蕃頭
有馬忠頼の三男

四代

有馬頼元(よりもと)

従四位下 中務大輔 侍従
有馬忠頼の四男

五代

有馬頼旨(よりむね)

従四位下 筑後守
有馬頼元の二男

六代

有馬則維(のりふさ)

従四位下 玄蕃頭 侍従
旗本300石石野則員の二男で、初代豊氏の弟有馬豊長の子有馬則故3千石の養子となっていたが、宗家に後継がなく急遽養子となる。

七代

有馬頼僮(よりゆき)

従四位下 左少将
有馬則維の五男

八代

有馬頼貴(よりたか)

従四位下 左少将
有馬頼僮の長男

九代

有馬頼徳(よりのり)

従四位下 玄蕃頭 左少将
有馬頼貴の長男有馬頼端(よりなお)の長男

十代

有馬頼永(よりとう)

従四位下 筑後守 侍従
有馬頼徳の四男

十一代

有馬頼咸(よりしげ)

正四位 中務大輔 左中将
有馬頼徳の七男

筑後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.