熊本藩 熊本城の写真へ All Photo by Ken究所長

加藤家→細川家

秀吉子飼い第一の臣であった加藤清正は、秀吉の死後は、北政所の示唆に従い、徳川体制への傾斜を深める。
関ヶ原でも、九州にあって、東軍方として活動し、小西行長と分け合っていた肥後半国から肥後一国52万石へ加増となる。

大坂の陣を前に急死し、家康による毒殺説も 根強い。

子の忠広は、徳川政権確立の過程で、大きな理由も無く、改易となる。

替わって豊前小倉より細川忠利が54万石で入り、以後、肥後熊本は細川家の領するところとなって、維新に至る。

忠利入封にあたって、存命だった細川三斎忠興は隠居城として八代城に入っていた。これも豊前中津と同様、一国一城令の例外措置であった。
忠興は四男の細川立孝を愛し、自分の隠居領、八代3万石を与えて、別家させたい意向だったが、八代は枢要の地であることから、忠興、立行の死もあり、果たせず、細川立孝の子、行孝に替わりに宇土に3万石で別家を立てさせ、八代城は、筆頭家老である松井家が領し、織豊時代から、細川家の外交面で活躍した松井家には、徳川体制下で破格ながら、家老にして、城主格を幕府公認されていた。

細川家は足利一門であるが、藩祖細川幽斎藤孝は、機を見るに敏で、足利義昭擁立から、織田、明智、豊臣、徳川と、巧みに主取りを過たず、家名を全うし、江戸大名として54万石という大封を得る基礎を気付く。


歴代藩主

加藤家

52万石
外様 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

加藤清正(きよまさ)

従四位下 肥後守 侍従
加藤清忠の子

二代

加藤忠広(ただひろ)

従四位下 肥後守 侍従
加藤清正の三男

改易

細川家

豊前小倉より 54万石
外様 大広間 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

細川忠利(ただとし)

従四位下 越中守 少将
細川忠興の三男

二代

細川光尚(みつなお)

従四位下 肥後守 侍従
細川忠利の長男

三代

細川綱利(つなとし)

従四位下 越中守 少将
細川光尚の二男

四代

細川宣紀(のぶのり)

従四位下 越中守 侍従
熊本新田藩主細川利重の二男

五代

細川宗孝(むねたか)

従四位下 越中守 侍従
細川宣紀の四男

六代

細川重賢(しげかた)

従四位下 越中守 左近衛権少将
細川宣紀の五男

七代

細川治年(はるとし)

従四位下 越中守 侍従
細川重賢の長男

八代

細川斉茲(なりしげ)

従四位下 越中守 侍従
肥後宇土藩主細川興文の二男

九代

細川斉樹(なりたつ)

従四位下 越中守 左近衛権少将
細川斉茲の長男

十代

細川斉護(なりもり)

従四位下 越中守 中将
肥後宇土藩主細川立之の長男

十一代

細川韶邦(よしくに)

正四位 越中守 中将
細川斉護の二男

十二代

細川護久(もりひさ)

従四位下 右京大夫 侍従
細川斉護の三男

肥後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.

.