小倉藩 小倉城の写真へ

細川家→小笠原家

関ヶ原の論功の結果、黒田家が筑前福岡に移り、そのあとに丹後宮津にあった細川忠興が豊前中津に入って、豊前一国と豊後の一部を領し、小倉もその中津藩領内となった。
細川忠興は当初、中津に入るが、小倉に築城して移り、小倉藩が成立する。

肥後熊本の加藤家が改易になって、細川家が肥後に移ると、当然、それまで外様ばかりであった九州の抑えとして、譜代の大名を置く必要があると考えられた。

細川家の旧領には小笠原家一門四家を配置する。家康の外孫、外曾孫たちである。
すなわち、豊前小倉には宗家として、小笠原秀政の二男小笠原忠真が播磨明石から15万石で。
豊前中津には播磨竜野から小笠原秀政の亡くなった長男忠脩の子小笠原長次が。
豊後杵築には小笠原秀政の三男小笠原忠知が。
豊前竜王には小笠原秀政の四男で、能見松平家に入っていた松平(能見)重忠が入る。

小笠原秀政と長男の小笠原忠脩は大坂の陣で奮戦死しているので、中津は孫の長次だが、豊前一国を小笠原秀政の子の四兄弟の家で領することになったのである。

小倉藩と言って、まず記憶にのぼるのは、不名誉ながら、幕末の第二次長州征伐での小倉城陥落だろう。自ら城に火を放って退去し、小倉は長州藩の占領下となったまま停戦。
そのため、小笠原家は藩庁を香春(かわら)に移し、小倉は占領下のまま、維新を迎える。

一応、この小倉の小笠原家が小笠原家の宗家なので、触れておくと、小笠原家は八幡太郎源義家の弟、新羅三郎源の義光が甲斐に入って、裔は源頼朝に仕え、足利尊氏に仕え、小笠原貞慶の時に信濃深志に拠るが武田信玄に攻められ、徳川家康を頼る。
従っていわゆる三河譜代ではないが、徳川譜代の中では重きを成す家である。

名家中の名家であり、鎌倉・足利・徳川の各幕府の臣として家を全うするとともに、小笠原式礼法を家伝として伝授する家でもある。


歴代藩主

細川家

丹後宮津より 30万石
外様 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

細川忠興(ただおき)

従三位 左近衛少将 参議
細川藤孝の長男

二代

細川忠利(ただとし)

従四位下 越中守 左権少将
細川忠興の三男

肥後熊本へ

小笠原家

播磨明石より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原忠真(ただざね)

従四位下 右近将監 侍従
信濃松本藩主小笠原秀政の二男

二代

小笠原忠雄(ただたか)

従四位下 右近将監 侍従
小笠原忠真の三男

三代

小笠原忠基(ただもと)

従四位下 右近将監 侍従
小笠原忠雄の長男

四代

小笠原忠総(ただふさ)

従四位下 左京大夫 侍従
小笠原忠基の六男

五代

小笠原忠苗(ただもつ)

従四位下 右近将監 侍従
播磨安志藩主小笠原長逵の三男

六代

小笠原忠固(ただかた)

従四位下 大膳大夫 少将
播磨安志藩主小笠原長為の二男

七代

小笠原忠徴(ただあきら)

従四位下 左京大夫 侍従
小笠原忠固の二男

八代

小笠原忠嘉(ただひろ)

従四位下 右近将監
小倉新田藩主小笠原貞哲の四男で、当初小倉新田藩を継ぎ、小笠原貞嘉となる。

九代

小笠原忠幹(ただとし)

従四位下 大膳大夫
播磨安志藩主小笠原長武の二男

十代

小笠原忠忱(ただのぶ)

従三位
小笠原忠幹の長男

豊前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.