杵築藩杵築城下の風景

小笠原家→松平(能見)家

豊後杵築は細川家が豊前小倉にあったときには小倉藩領であったが、やがて、肥後熊本加藤家が改易になると、細川家は熊本へ移り、細川家の旧領には小笠原家一門四家を配置する。

小倉藩の記述と重複するが、豊前小倉には宗家として、小笠原秀政の二男小笠原忠真が播磨明石から15万石で。
豊前中津には播磨竜野から小笠原秀政の亡くなった長男忠脩の子小笠原長次が8万石で。
豊後杵築には小笠原秀政の三男小笠原忠知が。
豊前竜王、のち豊後高田には小笠原秀政の四男で、能見松平家に入っていた松平(能見)重忠が入る。

小笠原秀政と長男の小笠原忠脩は大坂の陣で奮戦死しているので、中津は孫の長次だが、豊前一国を小笠原秀政の子の四兄弟の家で領することになったのである。

小笠原忠知が4万石で肥前唐津から移るわけだが、忠知はほどなく、三河吉田へ移る。

替わって、豊後高田より、小笠原忠知の実弟、松平(能見)重忠の子松平(能見)英親が3万2千石で入り、以後能見松平家の支配となる。


歴代藩主

小笠原家

4万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原忠知(ただとも)

従五位下 壱岐守
小笠原秀政の三男

三河吉田へ

松平(能見)家

摂津三田、豊前竜王を経て豊後高田より 3万2千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(能見)英親(ひでちか)

従五位下 市正
松平(能見)重直の長男

二代

松平(能見)重栄(しげよし)

従五位下 日向守
松平(能見)英親の長男

三代

松平(能見)重休(しげやす)

従五位下 豊前守
松平(能見)重栄の二男

四代

松平(能見)親純(ちかずみ)

従五位下 東市正
常陸麻生藩主新庄直詮の十三男

五代

松平(能見)親盈(ちかみつ)

従五位下 市正
松平(能見)親純の長男

六代

松平(能見)親貞(ちかさだ)

従五位下 筑後守
松平(能見)親盈の長男

七代

松平(能見)親賢(ちかかた)

従五位下 駿河守
松平(能見)親盈の二男

八代

松平(能見)親明(ちかあきら)

従五位下 備中守
松平(能見)親貞の二男

九代

松平(能見)親良(ちかよし)

従五位下 河内守
松平(能見)親明の長男

十代

松平(能見)親貴(ちかたか)

従五位下 河内守
松平(能見)親良の長男

豊後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る