鹿島藩

鍋島家

2万石
外様 柳間 陣屋

佐賀藩の鍋島家は竜造寺家からの簒奪の実行支配を強めるために、いわゆる三支藩と呼ばれる、小城、蓮池、鹿島の三つの支藩を創設し、竜造寺一門のウェイトを相対的に弱め、名誉職的な家臣団に組みこむ。

鍋島忠茂は藩祖鍋島直茂の二男で、佐賀初代藩主鍋島勝茂の弟であったが、兄勝茂は直茂と相談し、忠茂に鹿島2万石を分知し、鹿島藩が成立する。

子の鍋島正茂に継ぐのだが、正茂は叔父の勝茂から、勝茂の五男鍋島直朝を養子とするよう強要され、まだ実子ができるかもしれない、と反発。
しかし勝茂はこれを強行し、直朝を養子として送り込む。
正茂は弟の茂久を養子にしようと画策し、勝茂は正茂に隠居を迫るなど、確執は極限化。
結局鍋島正茂は鹿島の領地を捨て、父忠茂の領地の一部であった下総の5千石を領し、旗本となる。

表面的には、養子の鍋島直朝が鹿島藩を継ぐわけだが、このような経緯で、正茂までの鹿島藩と直朝からの鹿島藩は別物という感じもある。

佐賀藩の三支藩は分知だが、本藩の石高は変更しておらず、35万余石のまま。従って、小城、蓮池、鹿島の三支藩は佐賀藩の内高であり、本来ならば、陪臣だが、参勤も行うようになり、大名として扱われるようになった。


歴代藩主

 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)
 

鍋島忠茂(ただしげ)

従五位下 和泉守
鍋島直茂の二男
 

鍋島正茂(なおとも)

なし
鍋島忠茂の長男

初代

鍋島直朝(なおとも)

従五位下 和泉守
宗藩佐賀藩主鍋島勝茂の五男

二代

鍋島直條(なおえだ)

従五位下 備前守
鍋島直朝の三男

三代

鍋島直堅(なおかた)

従五位下 和泉守
鍋島直條の三男

四代

鍋島直郷(なおさと)

従五位下 備前守
鍋島直堅の長男

五代

鍋島直熙(なおひろ)

従五位下 和泉守
宗藩佐賀藩主鍋島宗茂の四男

六代

鍋島直宜(なおよし)

従五位下 備前守
肥前小城藩主鍋島直員の四男

七代

鍋島直彜(なおのり)

従五位下 丹波守
宗藩佐賀藩主鍋島治茂の三男

八代

鍋島直永(なおなが)

従五位下 丹波守
宗藩佐賀藩主鍋島斉直の三男

九代

鍋島直晴(なおはる)

なし
鍋島直彜の長男

十代

鍋島直賢(なおかた)

不詳
宗藩佐賀藩主鍋島斉直の子

十一代

鍋島直彬(なおよし)

従五位下 備前守
鍋島直永の長男

肥前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る