唐津藩唐津城の写真へ All Photo by Ken究所長

寺沢家→大久保家→松平(大給)家→土井家→水野家→小笠原家

豊臣大名であった寺沢広高は、関ヶ原でも東軍について、肥前唐津に12万石という結構な大封を得る。このままいけば豊臣外様大名としては、成功の部類だったろうが、二代目の寺沢堅高の時に悲劇が起きる。

島原の乱は唐津藩領であった天草にも広がり、九州諸大名と幕府軍の大軍でようやく制圧する。

寺沢堅高は天草領の治政不行届きを咎められ、天草領4万石を没収される。しかし、家名は残すことができたのだが、減封によって家臣団の維持も困難になったうえ、長崎警備の負役、凶作、キリシタンへの弾圧など、心理的な重圧が重なり、寺沢堅高は心労で自殺してしまう。子が無く、無嗣改易。

このあと、唐津藩は、譜代大名が交代で入るが、幕閣に参与する家柄の譜代家の左遷地というか、待機地のような感を帯びる。

播磨明石より大久保忠職が8万3千石で入り、次ぎの大久保忠朝が下総佐倉へ。

同地下総佐倉から、松平(大給)乗久が入り、乗春、乗邑と継ぎ、松平乗邑は志摩鳥羽へ、乗邑は8代将軍吉宗に抜擢され累進していく。

志摩鳥羽より土井利益が7万石で入り、4代次いで、下総古河へ。

三河岡崎より水野忠任が6万石で入る。4代継ぎ、その四代目水野忠邦の転封運動は有名である。
水野忠邦は幕閣入りを熱望していたが、唐津藩は長崎見廻役を担当していたため、幕閣に入ることはできなかった。
そのため、転封を画策し、各方面に賄賂を贈り運動し、遠江浜松への転封を実現し、その後老中となって、水野忠邦時代を築くことになる。
実高20万石とも言われた唐津藩からの転封は、運動費用とともに、藩の財政負担は大きく、家臣には転封反対の意見も多かった。

遠江浜松の井上家が陸奥棚倉へ、陸奥棚倉の小笠原家が肥前唐津へという「三方所替え」であった。

以後、小笠原家6万石の治世で維新に至る。

幕末には、最後の藩主小笠原長国の世子小笠原長行(ながみち)は初代小笠原長昌の子で、大変異例ながら世子の身分まま、幕政に参与し、老中にまでなる。長州征伐から幕府瓦解にあたって、人材払底していた幕政の代表者のような立場になってしまっていたため、時流が新政府に傾くと、小笠原長国は、長行を義絶して、隣藩の佐賀藩鍋島直正の指示に従って幕府征討軍に参加するという苦渋の道を歩む。


歴代藩主

寺沢家

12万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

寺沢広高(ひろたか)

従四位下 志摩守
寺沢広正の子

二代

寺沢堅高(かたたか)

従五位下 兵庫頭
寺沢広高の二男

無嗣改易

大久保家

播磨明石より 8万3千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

大久保忠職(ただもと)

従五位下 加賀守
大久保忠常の長男

二代

大久保忠朝(ただとも)

従四位下 加賀守 侍従
大久保忠隣の三男大久保教隆の二男 従兄弟である大久保忠職の養子となる。

下総佐倉へ

松平(大給)家

下総佐倉より 7万石→6万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗久(のりひさ)

従四位下 和泉守
松平(大給)乗寿の長男

二代

松平(大給)乗春(のりはる)

従五位下 和泉守
松平(大給)乗久の二男

三代

松平(大給)乗邑(のりさと)

従四位下 和泉守 侍従
松平(大給)乗春の長男

志摩鳥羽へ

土井家

志摩鳥羽より 7万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土井利益(とします)

従五位下 周防守
土井利隆の二男

二代

土井利実(としざね)

従五位下 大炊頭
土井利益の長男

三代

土井利延(としのぶ)

従五位下 大炊頭
分家土井備前守利清の長男

四代

土井利里(としさと)

従四位下 大炊頭 侍従
分家土井備前守利清の二男

下総古河へ

水野家

三河岡崎より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

水野忠任(ただとう)

従五位下 和泉守
旗本水野守満の二男

二代

水野忠鼎(ただかね)

従五位下 左近将監
安芸広島藩主浅野宗恒の二男

三代

水野忠光(ただあき)

従五位下 和泉守
水野忠鼎の長男

四代

水野忠邦(ただくに)

従四位下 越前守 侍従
水野忠光の二男

遠江浜松へ

小笠原家

陸奥棚倉より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原長昌(ながまさ)

従五位下 主殿頭
小笠原長堯の二男

二代

小笠原長泰(ながやす)

従五位下 壱岐守
出羽庄内藩主酒井忠徳の子

三代

小笠原長会(ながお)

従五位下 能登守
一門小笠原長保の二男

四代

小笠原長和(ながかず)

従五位下 佐渡守
大和郡山藩主柳沢保泰の九男

五代

小笠原長国(ながくに)

従五位下 中務大輔
信濃松本藩主松平(戸田)光庸の二男

肥前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.