人吉藩

相良家

2万2千石
外様 柳間 城主

人吉の相良家も、実に古い領主である。

相良の姓の由来は遠江榛原の相良。源頼朝により、肥後球磨郡人吉を領有。いわゆる「鎌倉以来」である。

戦国時代には島津傘下に入って、竜造寺、大友との三国鼎立時代の荒波をかいくぐり、秀吉の九州征伐時、老臣深水宗方の奔走で、するっと島津傘下を抜け出して直大名として、所領安堵。

関ヶ原では西軍につくが、これも老臣犬童頼兄(いんどうよりもり)が、東軍内通を約していたため、所領安堵。頼兄は相良姓を与えられるが、次第に功を誇り、専横の度を強め、藩主相良長毎との確執を強める。
二代相良頼寛はこの相良頼兄を幕府に訴え、頼兄は江戸へ召還され、小田原藩にお預けとなる。
この時一方国許では、頼兄の嗣子頼昌が、藩主の使いを殺してしまい、一族とともに、屋敷に篭こもって戦い、一族全員戦死自害という、隣の熊本藩の「阿部一族」と同じような事件となった。

他藩に漏れず、人吉藩も中期以降は財政難に苦しむが、七代相良頼峯の時には、藩士に御手判銀を貸しつけるという、実質的な上地を実行しようとした家老派と、それに反対する、一門派の対立となる。
この中、一門派は藩主頼峯を毒殺し、自派の相良頼央を藩主につけようと画策し、これが発覚、一門派は処罰を受けた。
相良頼央は藩主につくが、これが鉄砲で暗殺されるという事件が起きる。家老派が考えの反する藩主を亡き者にしようとしたものである。

普通なら、お家取り潰し、というところだが、山深き遠国のことゆえか、鉄砲は子供の竹鉄砲であったとし、日向飫肥秋月家から九代相良晃長を迎えて、そのまま続いている。
しかし、その相良晃長が将軍お目見え前に死去、鷲尾大納言隆熙の子を迎え相良頼完としたが、頼完の方が、晃長より年上であったため、幕府への届は相良晃長はなかったことにし、相良頼完を九代として、しのいだ。
その後も他家からの養子藩主が多く、両派の対立は尾を引いたまま、藩主親政には程遠く、藩政改革もままならず、幕末に突入。

こんな時代劇的なお家騒動を繰り返すうち、すでに薩英戦争も経て、薩英同盟を結んだ隣判薩摩藩の奔流巻き込まれ、薩摩と行動をともにし、維新を迎える。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

相良長毎(ながつね)

従五位下 左兵衛佐
相良義陽(よしひ)の子

二代

相良頼寛(よりひろ)

従五位下 壱岐守
相良長毎の子

三代

相良頼喬(よりたか)

従五位下 遠江守
相良頼寛の長男

四代

相良頼福(よりとみ)

従五位下 志摩守
相良頼寛の弟相良長秀の長男

五代

相良長興(ながおき)

従五位下 近江守
相良頼福の長男

六代

相良長存(ながあり)

従五位下 遠江守
相良頼福の五男

七代

相良頼峯(よりみね)

従五位下 志摩守
相良長存の長男

八代

相良頼央(よりひさ)

従五位下 遠江守
相良頼峯の甥とも、弟とも

(九代)

相良晃長(あきなが)

従五位下 近江守
日向高鍋藩主秋月種美の四男

九代

相良頼完(よりさだ)
  公卿鷲尾大納言隆熙の子

十代

相良福将(とみもち)

従五位下 越前守
美濃苗木藩主遠山友明の三男

十一代

相良長寛(ながひろ)

従五位下 壱岐守
備前岡山藩主池田宗政の二男

十二代

相良頼徳(よりのり)

従五位下 志摩守
相良長寛の二男

十三代

相良頼之(よりゆき)

従五位下 壱岐守
相良長徳の長男

十四代

相良長福(ながとみ)

従五位下 遠江守
相良長之の長男

十五代

相良頼基(よりもと)

従五位下 遠江守
相良長之の四男

肥後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.