蓮池(はすのいけ)

鍋島家

5万2千石
外様 柳間 陣屋

佐賀藩の鍋島家は竜造寺家からの簒奪の実行支配を強めるために、いわゆる三支藩と呼ばれる、小城、蓮池、鹿島の三つの支藩を創設し、竜造寺一門のウェイトを相対的に弱め、名誉職的な家臣団に組みこむ。

蓮池藩は佐賀藩主鍋島勝茂の三男鍋島直純が分知を受けて立藩。佐賀藩の三支藩は分知だが、本藩の石高は変更しておらず、35万余石のまま。従って、小城、蓮池、鹿島の三支藩は佐賀藩の内高であり、本来ならば、陪臣だが、参勤も行うようになり、大名として扱われるようになった。


歴代藩主

 

藩主

官位

出自(実父・嫡出関係)

初代

鍋島直澄(なおずみ)

従五位下 甲斐守
鍋島勝茂の三男

二代

鍋島直之(なおゆき)

従五位下 摂津守
鍋島直純の長男

三代

鍋島直称(なおのり)

従五位下 甲斐守
鍋島直純の五男

四代

鍋島直恒(なおつね)

従五位下 摂津守
鍋島直称の子

五代

鍋島直興(なおおき)

従五位下 甲斐守
鍋島直恒の長男

六代

鍋島直寛(なおひろ)

従五位下 摂津守
鍋島直恒の四男

七代

鍋島直温(なおはる)

従五位下 甲斐守
鍋島直寛の長男

八代

鍋島直与(なおとも)

従五位下 摂津守
宗藩佐賀藩主鍋島治茂の四男

九代

鍋島直紀(なおただ)

従五位下 甲斐守
鍋島直与の子

肥前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る