五島(福江)藩

五島家

1万5千石→1万2千石
外様 柳間 城主

戦国時代には五島列島は各島に小群雄割拠状態であったが、宇久島を領していた宇久純玄が、伸張し五島全域を支配するに至り、秀吉の九州征伐時、1万5千石を安堵され、姓を五島に改めた。

三代五島盛次は病弱で江戸にあり、弟の五島盛清が国許にあって藩政を代行、藩政を壟断する盛清は幕府に工作し、3千石の別家を立てる画策をする。それを知った兄五島盛次は心労のあまり急逝。
一応、後嗣は11歳の盛勝となるが、幕府は五島盛清に後見を命じた。五島盛清は富江3千石の分知を幕府から許され、本藩の石高は1万2千石となる。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)
 

五島純玄(すみはる)

従五位下 大和守
宇久純尭の長男

初代

五島玄雅(はるまさ)

従五位下 淡路守
五島純玄の祖父宇久純定の三男 五島純玄の叔父である

二代

五島盛利(もりとし)

従五位下 淡路守
宇久盛長の長男

三代

五島盛次(もりつぐ)

なし
五島盛利の長男
 

<五島盛清(もりきよ)>

なし
五島盛利の三男 別家旗本3千石富江領主

四代

五島盛勝(もりかつ)

従五位下 淡路守
五島盛次の長男

五代

五島盛暢(もりのぶ)

従五位下 佐渡守
五島盛勝の二男

六代

五島盛佳(もりよし)

従五位下 大和守
五島盛暢の長男

七代

五島盛道(もりみち)

従五位下 淡路守
五島盛佳の長男

八代

五島盛運(もりゆき)

従五位下 大和守
五島盛道の五男

九代

五島盛繁(もりしげ)

従五位下 大和守
五島盛運の三男

十代

五島盛成(もりあきら)

従五位下 大和守
五島盛繁の長男

十一代

五島盛徳(もりのり)

従五位下 飛騨守
五島盛成の三男

肥前の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.