府内藩 豊後府内城址の写真 All Photo by Ken究所長

竹中家→日根野家→松平(大給)家

豊後府内は戦国大名大友宗麟が君臨した土地。

豊後高田より、竹中重利が2万石で、府内に入るが、竹中家は二代竹中重義の時、長崎奉行となるが、事件に連座して改易。

下野壬生より、元美濃の斎藤家の武将、日根野吉明が入るが、無嗣改易。

丹波亀山より、松平(大給)忠昭が2万1千石で入って、以後は松平(大給)家の支配で、維新に至る。

戦国期の松平(大給)乗元の長男が乗政、二男が親清で、この府内の大給家は親清の流れを汲む。


歴代藩主

竹中家

豊後高田より 2万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

竹中重利(しげとし)

従五位下 伊豆守
竹中重光の子

二代

竹中重義(しげよし)

従五位下 采女正
竹中重利の子

改易

日根野家

下野壬生より 2万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

日根野吉明(よしあきら)

従五位下 織部正
日根野高吉の長男

無嗣改易

松平(大給)家

丹波亀山より 2万1千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)忠昭(ただあき)

従五位下 左近将監
松平(大給)成重の二男

二代

松平(大給)近陳(ちかのぶ)

従五位下 対馬守
松平(大給)忠昭の長男

三代

松平(大給)近禎(ちかよし)

従五位下 対馬守
松平(大給)近陳の二男

四代

松平(大給)近貞(ちかさだ)

従五位下 対馬守
三河田原藩主三宅康雄の二男

五代

松平(大給)近形(ちかのり)

従五位下 主膳正
松平(大給)近貞の長男

六代

松平(大給)近儔(ちかとも)

従五位下 長門守
松平(大給)近形の長男

七代

松平(大給)近義(ちかよし)

従五位下 主膳正
松平(大給)近形の二男

八代

松平(大給)近訓(ちかくに)

従五位下 左衛門佐
松平(大給)近儔の二男

九代

松平(大給)近信(ちかのぶ)

従五位下 信濃守
越中富山藩主前田利幹の二男

十代

松平(大給)近説(ちかよし)

従五位下 左衛門尉
伊勢桑名藩主松平(久松)定永の七男

豊後の諸藩に戻る

九州の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る

.