淀藩


松平(久松)家→永井家→石川家→松平(戸田)→松平(大給)家→稲葉家

関ヶ原ののち、家康は伏見城を廃城とし、松平(久松)定綱に命じて、淀に新城を築かせる。
そのまま、定綱が遠江掛川から、3万5千石で入る。
定綱は美濃大垣へ。

下総古河より、永井尚政が10万石で入り、尚征が継ぎ、分知によって、6万7千石。丹後宮津へ。

伊勢亀山より、石川憲之が6万石で入り、義孝、総慶と継ぎ、備中松山へ。

美濃加納より、戸田光煕が6万石で入り、光慈に継いで、志摩鳥羽へ。

伊勢亀山より、松平(大給)乗邑が6万石で入り、下総佐倉へ。

下総佐倉より、稲葉正知が10万2千石で入り、12代に渡って、稲葉家の支配で維新に至る。

稲葉家は伊予戦国大名河野氏の一族だが、徳川大名としての直接の家祖、稲葉正成は林政秀の子で、稲葉重通の女婿となって、稲葉を姓とする。
当初、小早川秀秋に仕え、のち、徳川に仕える。
春日局の夫になり、そのコネで大きく出頭し、子の稲葉正勝は老中となり、相模小田原8万5千石を領するまでになる。
相模小田原から、越後高田、下総佐倉、山城淀と移る。

最後の藩主稲葉正邦も老中となって、人材払底した、最幕末の幕閣にあって、板倉勝静とともに慶喜の元で奮闘している。



歴代藩主

松平(久松)家

遠江掛川より 3万5千石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定綱(さだつな)

従五位下 越中守
伊勢桑名藩主松平(久松)定勝の三男

美濃大垣へ

永井家

下総古河より 10万石→6万7千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井尚政(なおまさ)

従四位下 信濃守
永井直勝の長男

二代

永井尚征(なおゆき)

従五位下 右近大夫
永井尚政の長男

丹後宮津へ

石川家

伊勢亀山より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

石川憲之(のりゆき)

従五位下 主殿頭
石川忠総長男で父に先立った石川廉勝(かどかつ)の長男

二代

石川義孝(よしたか)

従五位下 主殿頭
石川憲之の二男

三代

石川総慶(ふさよし)

従五位下 主殿頭
石川憲之の長男石川昌能の子石川勝之の長男

備中松山へ

戸田家

美濃加納より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(戸田)光煕(みつひろ)

従五位下 河内守
松平(戸田)光永の長男

二代

松平(戸田)光慈(みつちか)

従五位下 丹波守
松平(戸田)光熈の三男

志摩鳥羽へ

松平(大給)家

伊勢亀山より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗邑(のりさと)

従四位下 和泉守 侍従
松平(大給)乗春の長男

下総佐倉へ

稲葉家

下総佐倉より 10万2千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉正知(まさとも)

従四位下 丹後守
稲葉正往の二男

二代

稲葉正任(まさとう)

従五位下 美濃守
稲葉正知の三男

三代

稲葉正恒(まさつね)

不詳
分家旗本7千石稲葉正倚の三男

四代

稲葉正親(まさちか)

従四位下 佐渡守
下野大田原藩主大田原政清の六男大田原晴川(はるかわ)の子で稲葉正知の叔父の稲葉正直の2千石を継いでいた。

五代

稲葉正益(まさよし)

従四位下 丹後守
稲葉正親の長男

六代

稲葉正弘(まさひろ)

従五位下 美濃守
稲葉正益の長男

七代

稲葉正ェ(まさのぶ)

従四位下 丹後守
稲葉正益の二男

八代

稲葉正備(まさなり)

従四位下 丹後守
稲葉正ェの二男

九代

稲葉正発(まさはる)

従五位下 対馬守
稲葉正備の長男

十代

稲葉正守(まさまり)

従四位下 丹後守
稲葉正ェの七男

十一代

稲葉正誼(まさよし)

従五位下 丹後守
越後高田藩主榊原政令の七男

十二代

稲葉正邦(まさくに)

従四位下 民部大輔 侍従
陸奥二本松藩主丹羽長富の二男

山城の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る