柳本藩

織田家

1万石
外様 柳間 城主格

織田有楽斎長益の五男、織田尚長が、有楽斎の遺領のうちから1万石を分知され、大和柳本に居所を定めて立藩。

有楽斎長益から出る大名は、四男の長政が戒重−芝村藩、五男尚長がこの柳本藩となる。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田尚長(ひさなが)

従五位下 大和守
織田長益の五男

二代

織田長種(ながたね)

従五位下 修理亮
織田尚長の長男

三代

織田秀一(ひでかず)

従五位下 信濃守
織田長種の子

四代

織田秀親(ひでちか)

従五位下 監物
織田秀一の長男

五代

織田成純(なりとし)

従五位下 豊後守
織田秀一の二男

六代

織田秀行(ひでゆき)

従五位下 伊予守
織田秀親の四男

七代

織田信方(のぶかた)

従五位下 下野守
高家織田左兵衛信清の三男

八代

織田秀賢(ひでかた)

従五位下 信濃守
織田信方の子

九代

織田長恒(ながつね)

従五位下 筑前守
織田信方の五男

十代

織田秀綿(ひでつら)

従五位下 筑前守
織田秀賢の子

十一代

織田信陽(のぶあき)

従五位下 大和守
織田秀綿の子

十二代

織田信成(のぶなり)

従五位下 筑前守
織田信陽の九男

十三代

織田信及(のぶつぐ)

従五位下 大和守
織田信陽の子 信成の弟

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る