山家藩 山鹿藩陣屋跡 All Photos by Ken究所長

谷家

1万石
外様 柳間 陣屋

谷家もあまり歴史の表舞台には登場しない大名家だが、織田家、豊臣家に地道に仕え、丹波山家に所領を得ていた。
関ヶ原では谷衛友は、地理的な関係から止む無く石田方について、細川幽斎藤孝の護る田辺城攻囲戦に加わるが、自分の歌道の師である細川藤孝を討つ気はなく、不戦を貫いた。このことで、家康から1万6千石の本領を安堵され、そのまま、明治まで大過なく一家支配となる。

途中、分知により宗家は1万石となる。

地図はこちら


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

生没年/藩主在任年

初代

谷衛友(もりとも)

従五位下 出羽守
谷衛好の子

永禄6年〜寛永4年

甚太郎

天正10年〜寛永4年

二代

谷衛政(もりまさ)

従五位下 大学頭
谷衛友の四男

慶長3年〜寛文2年

牛之助

寛永5年〜寛文2年

三代

谷衛広(もりひろ)

従五位下 出羽守
谷衛政の長男谷衛利の子

正保1年〜元禄2年

助十郎

寛文3年〜元禄2年

四代

谷衛憑(もりより)

従五位下 播磨守
谷衛広の二男

延宝2年〜宝暦4年

大学

元禄3年〜宝暦4年

五代

谷衛衝(もりみち)

従五位下 出羽守
谷衛憑の長男

元禄13年〜宝暦13年
 

享保2年〜宝暦12年

六代

谷衛将(もりまさ)

不詳
谷衛衝の長男

享保13年〜明和1年

宝暦12年〜明和1年

七代

谷衛秀(もりひで)

従五位下 播磨守
谷衛衝の二男

享保14年〜安永9年
 

明和1年〜安永9年

八代

谷衛量(もりかず)

従五位下 播磨守
谷衛秀の二男

明和2年〜享和1年
 

安永9年〜享和1年

九代

谷衛萬(もりたか)

従五位下 大学頭
谷衛量の長男

寛政8年〜文化13年
 

享和1年〜文化13年

十代

谷衛弥(もりみつ)

従五位下 右京亮
谷衛量の二男

寛政9年〜文政3年
 

文化13年〜文政3年

十一代

谷衛ム(もりみつ)

従五位下 出羽守
摂津麻田藩主青木一貞の二男

文化4年〜安政2年
 

文政3年〜弘化2年

十二代

谷衛弼(もりのり)

従五位下 播磨守
近江膳所藩主本多康禎の三男

文政5年〜安政2年
 

弘化2年〜安政2年

十三代

谷衛滋(もりしげ)

従五位下 大膳亮
常陸府中藩主松平(水戸)頼説の五男

文化14年〜明治8年
 

安政2年〜明治4年

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る