柳生藩

柳生家

1万2千石→(8千3百石)→1万石
譜代 菊間 陣屋

あまりに有名な柳生家。

代々大和柳生の庄に住み、柳生石舟斎宗厳(むねよし)は言わずと知れた柳生新陰流の創始者。
織田信長に一旦柳生の庄を没収されるが、子の宗矩が柳生新陰流の継承者としての剣術師範役としてばかりでなく、秀忠の帷幄にあって、諜報、外交面でも活躍し、徳川大名としての柳生家の地位を確立し、故地柳生の地に1万2千石を得る。

宗矩没後は長男の十兵衛三厳に8千3百石、弟の宗冬4千石他、に分け与えられ、一旦、旗本となるが、三厳の没後、遺領を宗冬が併せ継いで、万石に復し、再び大名となる。

代々、将軍家の剣術師範を勤める特殊な大名家で、定府であった。

とは言っても、大名自身に代々新陰流の達人が生まれるべくもなく、新陰流の型を披露上覧し、将軍家や世子の稽古の相手を勤める程度であったという。が、それでもとりあえず、ひと通りのことはできなければ勤まらないわけで、他の大名のように、酒色に耽って一生を終えるというわけには行かない。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

柳生宗矩(むねのり)

従四位下 但馬守
柳生宗厳の五男

二代

(柳生三厳(みつよし))
  柳生宗矩の長男

三代

柳生宗冬(むねふゆ)

従五位下 飛騨守
柳生宗矩の三男

四代

柳生宗存(むねあり)

従五位下 対馬守
柳生宗冬の二男

五代

柳生俊方(としかた)

従五位下 備前守
柳生宗冬の長男柳生宗春の子

六代

柳生俊平(としひら)

従五位下 但馬守
伊勢桑名藩主松平(久松)定重の十一男

七代

柳生俊峯(としみね)

従五位下 但馬守
信濃松代藩主真田信弘の四男

八代

柳生俊則(としのり)

従五位下 但馬守
交替寄合松前邦広の二男

九代

柳生俊豊(としとよ)

従五位下 但馬守
大和郡山藩主柳沢保光の六男

十代

柳生俊章(としあきら)

従五位下 但馬守
柳生俊豊の長男

十一代

柳生俊能(としよし)

従五位下 飛騨守
遠江相良藩主田沼意正の子

十二代

柳生俊順(としむね)

従五位下 但馬守
交替寄合武田信之の二男

十三代

柳生俊益(とします)

従五位下 但馬守
交替寄合武田信之の五男

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る