和歌山藩(紀伊藩、紀州藩)


浅野家→徳川(紀伊)家

関ヶ原の結果、甲斐府中にあった浅野幸長が37万6千石で紀伊和歌山に入るが、福島家の改易に伴い、弟長晟のときに、安芸広島に加増転封。

駿河府中にあった徳川家康の十男、徳川頼宣が55万5千石で入る。

初代徳川頼宣は由比正雪の乱で、黒幕として名前が出たりしたが、以後、吉宗、家茂、二人の将軍を輩出し、御三家の柱石として幕府を支える。


歴代藩主

浅野家

甲斐府中より 37万6千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

浅野幸長(よしなが)

従四位下 紀伊守
浅野長政の長男

二代

浅野長晟(ながあきら)

従四位下 但馬守 侍従
浅野長政の二男

安芸広島へ

徳川家

駿河府中より 55万5千石
親藩(御三家) 大廊下 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

徳川頼宣(よりのぶ)

従二位 大納言
徳川家康の十男

二代

徳川光貞(みつさだ)

従二位 権大納言
徳川頼宣の長男

三代

徳川綱教(つなのり)

従三位 権中納言
徳川光貞の長男

四代

徳川頼職(よりもと)

従四位下 左近衛権少将
徳川光貞の三男

五代

徳川吉宗(よしむね)

紀伊和歌山藩主としては
従三位 権中納言
徳川光貞の四男 八代将軍徳川吉宗となる

六代

徳川宗直(むねなお)

従二位 権大納言
伊予西条藩主松平(紀伊)頼純の四男

七代

徳川宗将(むねまさ)

従三位 権中納言
徳川宗直の長男

八代

徳川重倫(しげのり)

従三位 権中納言
徳川宗将の二男

九代

徳川治貞(はるさだ)

従三位 左近衛権中将
徳川宗直の二男

十代

徳川治宝(はるとみ)

従一位 大納言
徳川重倫の二男

十一代

徳川斉順(なりゆき)

正二位 大納言
将軍徳川家斉の七男 当初清水家を継ぎ徳川(清水)斉順

十二代

徳川斉彊(なりかつ)

従二位 大納言
将軍徳川家斉の二十一男 当初清水家を継ぎ徳川(清水)斉彊

十三代

徳川慶福(よしとみ)

紀伊和歌山藩主としては
従三位 左近衛中将
十一代徳川斉順の二男 
十四代将軍徳川家茂となる

十四代

徳川茂承(もちつぐ)

従一位 中納言
伊予西条藩主松平(紀伊)頼学の七男

紀伊の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る