宇陀松山藩

織田家

2万8千石
外様 柳間 陣屋(国主格)

織田信長の二男、織田信雄は当初こそ政治的野心に燃え、小牧長久手の戦いでは主役を演じるが、秀吉、家康の政権が安定する従って、常真入道と称し、政治の表舞台から身を引いて、悠悠自適生活に入る。

その織田信雄に与えられていたのが、大和と上野合わせて5万石、信雄は上野小幡の所領を四男の織田信良に与え、自領は大和宇陀3万石となり、信雄が亡くなると六男の高長が継いで2万8千石の宇多松山藩となる。

長頼、信武と継ぐが、信武は突如重臣を斬り、自分も自刃した。このため、子の信休が相続は許されたが、2万石に減じられ、丹波柏原へ移され、宇陀松山藩は以後廃藩となる。
国主格の待遇もこの時剥奪。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田信雄(のぶかつ)

正二位 内大臣
織田信長の二男

二代

織田高長(たかなが)

従四位下 出雲守 侍従
織田信雄の六男

三代

織田長頼(ながより)

従四位下 山城守 侍従
織田高長の二男

四代

織田信武(のぶたけ)

従四位下 出雲守
織田長頼の長男

五代

織田信休(のぶやす)

従五位下 山城守
織田信武の長男

丹波柏原(かいばら)へ

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る