津藩

藤堂家

伊予今治より 22万石→32万3千石
外様 大広間 国主

伊勢津の城主富田信高が、関ヶ原の功で、伊予板島(のちの宇和島)に移り、伊賀上野で20万石を領していた筒井定次が罪を得て改易になったあと、関ヶ原戦勝の重要な立役者というか、黒子の一人である藤堂高虎が、伊予今治より伊勢伊賀22万石で入る。

藤堂高虎は、元浅井長政の臣であったが、次々と主君を変え、羽柴秀長に仕え、さらに秀吉の直大名となった。しかし、すでに秀吉の生前から、家康に急接近し、特に関ヶ原前後にあっては、他の豊臣大名の動向を家康に密通したり、朽木、赤座、小川などの小大名の寝返り工作をしたり、「忠勤」に励む。
大坂の陣では苦戦したが、それらの功もあって、家康、秀忠の信頼篤く、関ヶ原東軍味方の豊臣大名の中で、江戸に近づく方向に加転封された大名は珍しい。

関ヶ原以来、徳川軍の先鋒は譜代は井伊、外様は藤堂、というのが例となった。

藤堂高虎は築城に関しても数多くの経験を積み、江戸城の拡張にあたっても、家康の指名で縄張りをした。

大坂の陣の功で加増を受け、32万3千石余となった。

以後、最も幕府の信頼篤い外様大名として幕末まで続くが、最後に鳥羽伏見の戦では、先例で幕府軍の先陣として布陣したが、突如一転、幕府軍に向かって砲撃を開始し、幕軍潰走のきっかけを作る。

次世代を担う主君を鋭く嗅ぎ取ることが、藤堂家の家訓、といえるかも知れない。

高虎の度重なる主変えと、家康への阿諛追従は、武将としての評価を低めていると思うが、主君選びは戦国武将の習いでもあり、また、家康への異常とも言える徹底した献身ぶりは、自己の利害もさることながら、実際に家康に心服していたとも思える。

津藩宗家の家系は、度々実子がないが、支藩久居藩の創設が功を奏し、久居藩から入った藩主が多い。

十代藤堂高兌もその一人だが、名君として知られ、財政再建と産業振興で、実績をあげた。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

藤堂高虎(たかとら)

従四位下 左近衛権少将 和泉守
藤堂虎高の二男

二代

藤堂高次(たかつぐ)

従四位下 左近衛権少将 和泉守
藤堂高虎の長男

三代

藤堂高久(たかとら)

従四位下 左近衛権少将 和泉守
藤堂高次の長男

四代

藤堂高睦(たかちか)

従四位下 和泉守
藤堂高次の四男

五代

藤堂高敏(たかとし)

従四位下 和泉守
伊勢久居藩主藤堂高通の三男

六代

藤堂高治(たかはる)

従四位下 大学頭
藩祖藤堂高虎の弟高清の孫藤堂高明の子 当初久居藩を継ぐ

七代

藤堂高朗
(たかあきorたかほら)

従四位下 和泉守
一門家臣藤堂出雲守高武の三男 当初久居藩を継ぎ藤堂高豊と称す

八代

藤堂高悠(たかなが)

従四位下 和泉守
藤堂高朗(高豊)の四男

九代

藤堂高嶷
(たかさとorたかさど)

従四位下 和泉守
藤堂高朗(高豊)の長男 久居藩主となって藤堂高敦となっていたが、弟の急逝で、宗家を継ぐ。

十代

藤堂高兌(たかさわ)

従四位下 和泉守
藤堂高嶷の三男 当初久居藩主となるが宗家を継ぐ。

十一代

藤堂高猷(たかゆき)

正二位 和泉守
藤堂高兌の長男

十二代

藤堂高潔(たかきよ)

正三位 大学頭
藤堂高猷の長男

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る