豊岡藩

杉原家→天領→京極家

北政所ねねの実家杉原家、北政所の母の兄が杉原家次。その子杉原長房は関ヶ原で西軍として行動するが、徳川方に妻の父浅野長政を通じて内通していて、旧禄を安堵される。
三代継ぐが無嗣改易。

丹後田辺より、京極高盛が3万5千石で入るが、京極高寛は11歳で没し、無嗣改易となるところ、特に6歳の弟の京極高永に1万5千石ながら名跡が許され、存続する。

以降、京極家の支配で、明治に至る。

大石内蔵助の妻はこの豊岡藩の家老石束(いしづか)家の娘である。


歴代藩主

杉原家

2万石
外様 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

杉原長房(ながふさ)

従五位下 伯耆守
杉原家次の子

二代

杉原長重(ながしげ)

従五位下 伯耆守
杉原長房の長男

三代

杉原長玄(ながはる)

なし
竹中重常の三男

無嗣改易

<天領>

京極家

丹波田辺より 3万5千石→1万5千石
外様 柳間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高盛(たかもり)

従五位下 伊勢守
京極高直の長男

二代

京極高住(たかずみ)

従五位下 甲斐守
京極高直の四男

三代

京極高栄(たかよし)

従五位下 加賀守
京極高住の長男

四代

京極高寛(たかのり)

なし
京極高栄の長男

五代

京極高永(たかなが)

従五位下 甲斐守
京極高栄の二男

六代

京極高品(たかかず)

従五位下 甲斐守
京極高永の長男

七代

京極高有(たかあり)

従五位下 加賀守
丹後峯山藩主京極高久の二男

八代

京極高行(たかゆき)

従五位下 甲斐守
京極高有の長男

九代

京極高厚(たかあつ)

従五位下 飛騨守
京極高行の長男


但馬の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る