鳥羽藩

九鬼家→内藤家→土井家→松平(大給)家→板倉家→松平(戸田)家→稲垣家

志摩鳥羽は戦国時代に九鬼嘉隆が水軍の根拠地としたところ。

関ヶ原で九鬼家は向背が別れ、留守を預かる父嘉隆は西軍に、上杉北伐軍にあった子の守隆は東軍に付き、父子相戦うこととなった。

九鬼守隆は旧領に加増を受け志摩鳥羽5万6千石となる。

守隆の世継ぎを巡って争いが生じる。長男の良隆、二男の貞隆が二人とも病弱で、辞したため、守隆は伊勢の朝熊山で僧になっていた五男の久隆を還俗させ世継ぎとする。しかし、三男の隆季がこれに不満を持ち、それに同調する家臣も多く、二派に分かれて争う事態となった。

そもそも、三男隆季が世継ぎをはずされたのは、関ヶ原で父子が両軍に分かれた際、西軍勝利の場合の世継ぎに隆季を擬していたため、差し控えたという。

幕府の仲裁を仰ぐ事態となり、隆季には1万石を分知、久隆を嫡と認め、4万6千石鳥羽城を継ぐ、ということで、一旦は決着。
しかし、隠居守隆が死ぬと、抑えが外れ、またも隆季側からの不満が再発。
再び幕府の裁定を仰ぐことになるが、これが水軍大名九鬼家にとっては、痛恨のやぶ蛇となる。

すなわち幕府の裁定は久隆を摂津三田に移し3万6千石、隆季を丹波綾部に移し2万石というもので、山国に移され、陸に上がった河童。水軍を幕府の直轄に集中したいと考えていた幕府側の思惑に好餌を投げる結果となった。

九鬼家の後に、内藤忠重が入り、忠政、忠勝と継ぐが、この内藤忠勝は増上寺で行われた将軍家綱逝去の法会の席上、かねてより不仲だった丹後宮津藩主永井尚長と諍いになり斬り付けて殺害してしまう。これはもう当然改易。余計な話ではあるが、浅野内匠頭長矩は、この内藤忠勝の甥(姉の子)である・・・・・。

この後、下総古河より、土井利益が7万石で入って、肥前唐津へ。

肥前唐津より、松平(大給)乗邑が6万石で入り、伊勢亀山へ。

伊勢亀山より、板倉重治が五万石で入って、伊勢亀山に戻る。

山城淀より、松平(戸田)光慈が7万石で入って、信濃松本へ。

下野烏山より、稲垣昭賢が3万石で入り、以降は稲垣家の支配で、幕末に至る。


歴代藩主

九鬼家

加増 5万6千石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

九鬼守隆(もりたか)

従五位下 長門守
九鬼嘉隆の長男

二代

九鬼久隆(ひさたか)

従五位下 大和守
九鬼守隆の五男

久隆は摂津三田へ
隆季は丹波綾部へ

内藤家

3万5千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

内藤忠重(ただしげ)

従五位下 志摩守
内藤忠政の長男

二代

内藤忠政(ただまさ)

従五位下 飛騨守
内藤忠重の長男

三代

内藤忠勝(ただかつ)

従五位下 和泉守
内藤忠政の三男

刃傷改易

土井家

下総古河より 7万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土井利益(とします)

従五位下 周防守
土井利隆の二男

肥前唐津へ

松平(大給)家

肥前唐津より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(大給)乗邑(のりさと)

従四位下 和泉守 侍従
松平(大給)乗春の長男

伊勢亀山へ

板倉家

伊勢亀山より 5万石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

板倉重治(しげはる)

従四位下 近江守
板倉重冬の長男

伊勢亀山へ

松平(戸田)家

山城淀より 7万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(戸田)光慈(みつちか)

従五位下 丹波守
山城淀藩主松平(戸田)光熈の三男

信濃松本へ

稲垣家

下野烏山より 3万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲垣昭賢(あきかた)

従五位下 信濃守
稲垣重富の長男

二代

稲垣昭央(てるなか)

従五位下 対馬守
稲垣昭賢の弟稲垣昭辰の子

三代

稲垣長以(ながもち)

従五位下 摂津守
稲垣昭央の長男

四代

稲垣長続(ながつぐ)

従五位下 対馬守
越後高田藩主榊原政一?の六男

五代

稲垣長剛(ながかた)

従五位下 対馬守
稲垣長続の四男

六代

稲垣長明(ながあき)

従五位下 摂津守
稲垣長剛の長男

七代

稲垣長行(ながゆき)

従五位下 摂津守
稲垣長明の長男

八代

稲垣長敬(ながひろ)

従五位下 対馬守
稲垣長明の二男

志摩の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る