竜野藩

本多家→小笠原家→天領→岡部家→天領→京極家→天領→脇坂家

関ヶ原後播磨一国は池田輝政の所領だったが、池田家が因幡鳥取に移ると、上総大多喜より本多政朝が5万石で入る。播磨姫路へ。

小笠原秀政、忠脩父子が大坂の陣で戦死し、忠脩の遺児小笠原長次が6万石で入って、叔父の小笠原忠真の豊前小倉転封に従って、豊前中津へ。

天領を経て、美濃大垣より岡部宣勝が5万3千石で入り、摂津高槻へ。

再び天領となるが、出雲松江の京極忠高が26万石を改易されるが、酌量をもって甥の京極高和に6万石が与えられる。さらに讃岐丸亀へ。

信濃飯田から脇坂安政が入って、以降脇坂家の支配となる。

脇坂家の祖脇坂安治は賤ヶ岳七本鎗の一人であり、筋金入りの豊臣大名。
関ヶ原でも当初西軍で、現場で寝返ったくちなので、どこから見ても外様大名だが、脇坂安治の子脇坂安元は淡路洲本、伊予大洲を経て信濃飯田に移るが、実子があるにも関わらず、時の実力者堀田政盛の二男を養子に迎え、脇坂安政とし、家名の安泰を図る。さらにそのコネで願い譜代(願って譜代となること。他にも何家かある。)を申し出、譜代格を得る。

代々の藩主は幕政に参画し、脇坂安董、脇坂安宅は老中にまでなる。


歴代藩主

本多家

上総大多喜より 5万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多政朝(まさとも)

従五位下 甲斐守
本多忠政の二男、忠朝の甥

播磨姫路宗家を継ぐ

小笠原家

新知 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小笠原長次(ながつぐ)

従五位下 信濃守
信濃松本藩主小笠原忠脩の長男

豊前中津へ

<天領>

岡部家

美濃大垣より 5万3千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部宣勝(のぶかつ)

従五位下 美濃守
岡部長盛の子

摂津高槻へ

<天領>

京極家

出雲松江より 6万石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高和(たかかず)

従五位下 刑部少輔
京極忠高の弟京極高政の子

讃岐丸亀へ

<天領>

脇坂家

信濃飯田より 5万3千石
譜代格 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

脇坂安政(やすまさ)

従五位下 中務少輔
下総佐倉藩主堀田正盛の二男。脇坂安元の嗣となる。

二代

脇坂安照(やすてる)

従五位下 淡路守
脇坂安政の二男

三代

脇坂安清(やすずみ)

従五位下 淡路守
脇坂安照の長男

四代

脇坂安興(やすおき)

従五位下 淡路守
脇坂安清の二男

五代

脇坂安弘(やすひろ)

従五位下 中務少輔
脇坂安興の長男

六代

脇坂安実(やすざね)

従五位下 伊勢守
脇坂安興の二男

七代

脇坂安親(やすちか)

従五位下 淡路守
近江宮川藩主堀田正陳の四男

八代

脇坂安董(やすただ)

従四位下 中務大輔 侍従
脇坂安親の二男

九代

脇坂安宅(やすおり)

従三位 中務大輔 侍従
脇坂安董の子

十代

脇坂安斐(やすあや)

正三位 淡路守
伊勢津藩主藤堂高猷の三男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る