園部藩

小出家

但馬出石より 2万6千石
外様 柳間 陣屋

小出秀政と長男の小出吉政は、関ヶ原で西軍についてしまうが、二男の小出秀家が東軍方として活躍し、その功を持って、秀政、吉政も許され、但馬出石の6万石の旧領を安堵される。

その後、いささか複雑な経緯となるが、秀政の死後、小出吉政は和泉岸和田に移り、出石領はそのままに嫡男の小出吉英が領することを許された。
この時点で、父子相勤めの形となる。
小出吉英が岸和田を継ぐと、出石領は吉英の弟、小出吉親が別家として継ぐ。しかし、その後、岸和田藩宗家の兄小出吉英が、但馬出石に移されることとなったため、弟の小出吉親は、丹波園部へ移り、園部藩が成立する。

但馬出石の宗家はその後、無嗣断絶してしまうが、この園部藩の小出家は一家支配のまま、幕末まで園部を領した。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小出吉親(よしちか)

従四位下 信濃守
小出吉政の二男

二代

小出英知(ふさとも)

従五位下 信濃守
小出吉親の長男

三代

小出英利(ふさとし)

従五位下 伊勢守
小出英知の子

四代

小出英貞(ふささだ)

従五位下 信濃守
小出英利の子

五代

小出英持(ふさよし)

従五位下 信濃守
小出英貞の子

六代

小出英常(ふさのぶ)

従五位下 伊勢守
小出英持の子

七代

小出英■(ふさたけ)

従五位下 信濃守
小出英常の子

八代

小出英発(ふさおき)

従五位下 信濃守
小出英たけの子

九代

小出英教(ふさのり)

従五位下 信濃守
肥前大村藩主大村純昌の子

十代

小出英尚(ふさなお)

従五位下 伊勢守
小出英教の子

※小出英たけの「たけ」は字は竹冠に「均」

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る