狭山藩

北条家

1万石
外様 柳間 陣屋

早雲以来、関東に覇を振るい、戦国時代の具現者であった、後北条家五代も、秀吉の小田原征伐で、滅亡。。。するのだが、家系はなかなか途絶えないところが、面白いところ。

対秀吉強硬派だった北条氏政、氏照の二人は切腹となったが、当主の氏直は家康の婿でもあり、氏政、氏照の弟、北条氏規は和平派であったことを酌量され、氏直、氏規は高野山に入る。

その後、秀吉によって赦免され、氏直は1万石、氏規も別家として河内狭山に7千石を与えられる。
氏直に実子がなく、氏規の子氏盛が宗家を継いで下野で4千石。実父氏規の死に際して、この遺領も継ぎ、合わせて1万1千石の河内狭山藩となり、途中1万石に減るが、維新まで北条家の藩として続く。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

北条氏盛(うじもり)

従五位下 美濃守
北条氏規の長男で、北条氏直の嗣子となる。

二代

北条氏信(うじのぶ)

従五位下 美濃守
北条氏盛の長男

三代

北条氏宗(うじむね)

なし
北条氏信の長男

四代

北条氏治(うじはる)

従五位下 美濃守
北条氏盛の二男北条氏利の二男

五代

北条氏朝(うじとも)

従五位下 遠江守
北条氏盛の二男北条氏利の五男

六代

北条氏貞(うじさだ)

従五位下 美濃守
北条氏朝の長男

七代

北条氏彦(うじよし)

従五位下 遠江守
北条氏貞の長男

八代

北条氏ム(うじあきら)

従五位下 相模守
北条氏彦の長男

九代

北条氏喬(うじたか)

従五位下 遠江守
北条氏ムの長男

十代

北条氏久(うじひさ)

従五位下 相模守
美濃大垣藩主戸田氏庸の三男

十一代

北条氏燕(うじよし)

従五位下 遠江守
九代北条氏喬の弟北条氏迪の二男

十二代

北条氏恭(うじゆき)

従五位下 相模守
下野佐野藩主堀田正衡の三男

河内の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る