大溝藩

分部家

伊勢上野より 2万石
外様 柳間 陣屋

伊勢上野で2万石を領していた分部光信が近江の高島、野洲二郡のうちに所領を移され、大溝に陣屋を構えて立藩。

外様の極小藩として、一家支配で明治に至る。

分部家は北伊勢の地大名、長野家の家臣だったが、分部光嘉のとき、長野家は信長に併呑され、信長の弟織田信包(のぶかね)の配下となる。のち秀吉に仕え、伊賀上野に1万石を領していた。関ヶ原の功で1万石加増、2万石となっていた。

二代の分部嘉治は、妻の叔父である池田長重と対談中に論争に及んで、ついに抜刀し、互いに斬り合って二人とも死んでしまう。
この池田長重は備中松山藩主の池田長常の弟。
池田長常は池田勝入斎信輝(恒興)の三男池田長吉の子長幸の長男で、池田長重は長幸の五男であった。
この備中松山藩の池田家は池田長常の末期養子が認められず、弟長重の刀争事件とは関係ないが、絶家となっている。

四代の分部信政はその喧嘩の相手の甥になるわけだが、もちろん親戚関係があったから養子としたのだろうが、先の刃傷事件との関係は、特に記述がなく不明。

十代の分部光寧は父光邦の急逝で、2歳で藩主となる。

最後の藩主分部光謙は明治三年4月12日に父光貞が死去し、4月25日に藩主になるが、4日後には大溝藩知事となる。

上総請西藩の記述で、最後の請西藩主林忠崇が、昭和16年に最後の大名として亡くなったと(ある参考文献の記述をそのまま)書いたが、分部光謙の記述を見ると昭和19年11月に83歳で亡くなっていて、最後の大名の生き残りは、分部光謙かも知れない。正式に大名だったのは4日間だが。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

分部光信(みつのぶ)

従五位下 左京亮
長野正勝の長男で、分部光嘉の嗣となる。

二代

分部嘉治(よしはる)

従五位下 伊賀守
分部光信の三男

三代

分部嘉高(よしたか)

従五位下 若狭守
分部嘉治の長男

四代

分部信政(のぶまさ)

従五位下 若狭守
備中松山藩主池田長幸の三男池田長信の三男

五代

分部光忠(みつただ)

従五位下 左京亮
分部信政の二男

六代

分部光命(みつなが)

従五位下 若狭守
分部光忠の子(長男?)

七代

分部光庸(みつつね)

従五位下 若狭守
分部光命の長男

八代

分部光実(みつざね)

従五位下 左京亮
分部光庸の子

九代

分部光邦(みつくに)

従五位下 若狭守
分部光実の二男

十代

分部光寧(みつやす)

従五位下 左京亮
分部光邦の長男

十一代

分部光貞(みつさだ)

従五位下 若狭守
上野安中藩主板倉勝尚の子

十二代

分部光謙(みつのり)

従四位 掃部助
分部光貞の長男

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る