小野藩 小野藩陣屋跡 All Photo By Ken究所長

一柳(ひとつやなぎ)

別家分知 2万8千石→1万石
外様 柳間 陣屋

一柳直盛の二男一柳直家は播磨加東郡で5千石を父直盛の伊予西条の所領と別に領していたが、一柳直盛の死にあたって、伊予のうち2万3千余石を分与されて、計2万8千余石となった。居所は伊予河上に定め、播磨には加東郡敷地村代官を置いた。

一柳直家が、にわかに亡くなり、男子がなく、但馬出石藩主小出吉親の二男を直家の女婿として養子としたい旨を申し出たが、末期であり、当時はまだ末期養子の緩和前であったため、伊予の所領は没収され、播磨に1万石となった。陣屋を播磨小野に定めたのはこの二代直次の時だが、ここでは播磨小野藩として一連のものとして扱う。

一柳直盛は伊予の河野家の裔で、特に願って伊予に所領を得たわけだが、遺領は伊予西条、伊予河上+播磨加東、伊予小松、に分けて遺こし、結果、直家の兄の西条藩は絶家となってしまうので、この播磨小野藩の一柳家が宗家となる。

地図はこちら


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

一柳直家(なおいえ)

従五位下 美作守
一柳直盛の二男

二代

一柳直次(なおつぐ)

不詳
但馬出石藩〜丹波園部藩主小出吉親の二男

三代

一柳末礼(すえひろ)

従五位下 土佐守
一柳直次の子

四代

一柳末昆(すえひで)

従五位下 土佐守
一柳末礼の養子となっていた一柳直昌の子

五代

一柳末栄(すえなが)

従五位下 土佐守
一柳末昆の長男

六代

一柳末英(すえふさ)

従五位下 土佐守
一柳末栄の子

七代

一柳末昭(のぶよし)

従五位下 土佐守
一柳末英の子

八代

一柳末周(すえちか)

従五位下 対馬守
一柳末英の子

九代

一柳末延(すえのぶ)

従五位下 土佐守
一柳末周の長男

十代

一柳末彦(すえよし)

従五位下 土佐守
一柳末延の長男

十一代

一柳末徳(すえのり)

従五位下 対馬守
丹波綾部藩主九鬼隆都の五男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る