峯山藩

京極家

分知 1万3千石
外様 菊間 陣屋

京極高通は近江朽木に朽木宣綱の二男として生まれるが、京極高知の養子となり、3千石の秀忠の小姓であった。養父丹後京極高知は宮津藩主は遺領を3分し、1万石を分知された。それまでの所領と併せて、1万3千石の諸侯となって、丹後峯山に陣屋を構えて立藩した。

宗藩、宮津の京極家はほどなく改易され、田辺に分知された京極家も但馬豊岡に転封されるので、丹後一国を領した京極高知の所領も、結果的にはこの峯山藩の1万3千石だけが丹後に残ることに。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

京極高通(たかみち)

従五位下 主膳正
朽木宣綱の二男

二代

京極高供(たかとも)

従五位下 主膳正
京極高通の子

三代

京極高明(たかあき)

従五位下 主膳正
京極高供の子

四代

京極高之(たかゆき)

従五位下 主膳正
京極高明の子

五代

京極高長(たかなが)

従五位下 主膳正
陸奥棚倉藩主内藤弌信の三男or四男

六代

京極高久(たかひさ)

従五位下 備前守
京極織部高庭の四男

七代

京極高備(たかまさ)

従五位下 周防守
京極高久の子

八代

京極高倍(たかます)

従五位下 備前守
京極高備の五男

九代

京極高鎮(たかつね)

不詳
京極高備の子(六男以降)

十代

京極高景(たかかげ)

従五位下 右近将監
松平主殿頭忠馮の六男

十一代

京極高富(たかとみ)

従五位下 備中守
京極高供の子?

十二代

京極高陳(たかのぶ)

従五位下 備中守
京極靭負の二男

丹後の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る