桑名藩

本多家→松平(久松)家→松平(久松)家→松平(奥平)家→松平(久松)家

関ヶ原の戦功で徳川四天王本多平八郎忠勝は桑名10万石を与えられ、上総大多喜から入部、桑名藩が成立。
本多忠政に継いで、備前小早川家の無嗣改易にともない、池田家が姫路から岡山に移った玉突きで、播磨姫路へ。

そのあとに、家康の異父弟、松平(久松)定勝が11万石で入る。
次ぎの定行は伊予松山へ。

松平(久松)定綱が入り、三代継ぐが、松平(久松)定重のとき、藩内に騒動があり、越後高田へ左遷。

備後福山より、松平(奥平)忠雅が10万石で入り、七代を経て藩主家は安定するかに思えたが、松平(奥平)忠尭は突如転封となり、武蔵忍へ。

陸奥白河から、先に越後高田へ左遷されていた松平(久松)家が戻って、定永は11万3千石で入る。
これには、先代の白河藩主松平(久松)定信が、老中首座として幕政を担い、お手盛りの感もあるが、その功績で故地に戻ったと考えられる。

幕末の藩主、松平(久松)定敬は尾張家支藩の美濃高須松平家からの養子で、尾張慶勝、会津松平容保の実弟であるが、京都所司代となって兄松平(保科)容保(京都守護職)とともに、幕末の京都政界の幕府側代表者として、時流に巻き込まれる。

定敬は鳥羽伏見の戦ののち、慶喜とともに海上江戸へのがれ、留守の桑名城は新政府軍に降伏するが、定敬自身は越後柏崎の飛び地領に拠って抗戦、さらに会津、箱館へと転戦する。
ついに降伏し、定教に半知6万石で桑名藩の再興が認められる。

家康の異父弟の久松兄弟を整理すると、家康の母、於大の方は、家康の父、松平広忠が若くして亡くなり、松平家が空中分解状態になったため、久松俊勝に再嫁すす。そして久松俊勝との間に3人の男子を設ける。
長男康元、二男康俊、三男定勝である。
長男の久松康元の家系は、美濃大垣から信濃小諸藩となるが、その後無嗣断絶。
二男の久松康俊の家系は、地味に下総多古藩に繋がる。
三男の久松定勝の家系は繁栄し、長男は早世だが、二男定行は伊予松山藩に、三男定綱はこの桑名藩の藩祖となる。
多古藩の久松家が兄筋だが、葵の紋を許されている松山の久松家が総領家といった感じで、桑名家はその支流といえるが、田安家から定信が入ったことで、重みが増した感がある。


歴代藩主

本多家

上総大多喜より 10万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠勝(ただかつ)

従五位下 中務大輔
本多忠高の長男

二代

本多忠政(ただまさ)

従四位下 美濃守 侍従
本多忠勝の長男

播磨姫路へ

松平(久松)家

遠江掛川山城のうちより 11万石
譜代 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定勝(さだかつ)

従四位下 隠岐守 左少将
久松俊勝の三男

二代

松平(久松)定行(さだゆき)

従五位下 佐渡守
松平(久松)定勝の二男

伊予松山へ

松平(久松)家

美濃大垣より 11万3千石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定綱(さだつな)

従四位下 越中守
松平(久松)定勝の三男

二代

松平(久松)定良(さだよし)

従五位下 佐渡守
松平(久松)定綱の二男

三代

松平(久松)定重(さだしげ)

従五位下 越中守
伊予松山藩主松平(久松)隠岐守定頼の子

越後高田へ

松平(奥平)家

備後福山より 10万石
親藩 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠雅(ただまさ)

従四位下 下総守 左少将
陸奥白河藩等藩主松平(奥平)忠弘の長男清照の長男

二代

松平(奥平)忠刻(ただとき)

従四位下 下総守
松平(奥平)忠雅の四男

三代

松平(奥平)忠啓(ただひら)

従四位下 下総守
松平(奥平)忠刻の二男

四代

松平(奥平)忠功(ただかつ)

従四位下 下総守
紀伊和歌山藩主徳川(紀伊)宗将の七男

五代

松平(奥平)忠和(ただとも)

従四位下 下総守
紀伊和歌山藩主徳川(紀伊)宗将の九男

六代

松平(奥平)忠翼(ただすけ)

従四位下 下総守
越後与板藩主井伊直朗の三男。井伊直朗の父直存は松平(奥平)忠雅の五男

七代

松平(奥平)忠尭(ただあき)

従四位下 民部大輔
松平(奥平)忠翼の長男

武蔵忍へ

松平(久松)家

陸奥白河より 11万3千石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(久松)定永(さだなが)

従四位下 越中守 左少将
松平(久松)定信の長男

二代

松平(久松)定和(さだかず)

従四位下 越中守 左少将
松平(久松)定永の二男

三代

松平(久松)定猷(さだみち)

従四位下 越中守 侍従
松平(久松)定和の長男

四代

松平(久松)定敬(さだあき)

従四位下 越中守 左中将
美濃高須藩主松平(尾張)義建の七男

五代

松平(久松)定教(さだつな)

正四位
松平(久松)定猷の長男

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.