菰野藩

土方家

新知 1万1千石
外様 雁間 陣屋

土方雄久は織田信雄、さらに秀吉に仕え、伊勢菰野を領していたが、家康に疑われ、領地を失っていた。
関ヶ原ののち、子の土方雄氏が秀忠に仕えて1万石を領し、旧領伊勢菰野に居を構えて立藩した。

以後、外様の小藩として維新まで続くが、七代雄年は幕閣とのコネを強めようと、田沼意次の六男を養子に迎えた。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

土方雄氏(かつうじ)

従五位下 丹後守
土方雄久の長男

二代

土方雄高(かつたか)

従五位下 丹後守
土方雄氏の長男

三代

土方雄豊(かつとよ)

従五位下 市正
土方雄高の弟土方氏久の三男

四代

土方雄義(かつよし)

従五位下 丹後守
土方雄高の長男土方豊高の長男

五代

土方雄房(かつふさ)

従五位下 丹後守
土方雄義の長男

六代

土方雄端(かつまさ)

従五位下 備中守
土方雄義の二男

七代

土方雄年(かつなが)

従五位下 近江守
土方雄端の長男

八代

土方雄貞(かつさだ)

従五位下 丹後守
遠江相良藩主田沼意次の六男。雄端の女婿となる

九代

土方雄苗(かつたね)

従五位下 大和守
土方雄端の三男で豊後日出藩主木下俊直となっていた土方義直の二男

十代

土方雄興(かつおき)

従五位下 主殿頭
土方雄苗の長男

十一代

土方雄嘉(かつよし)

従五位下 備中守
土方雄興の長男

十二代

土方雄永(かつなが)

従五位下 大和守
土方雄嘉の長男

十三代

土方雄志(かつゆき)

従五位
一門土方久己の長男

伊勢の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る






























.