小泉藩

片桐家

1万1千石
外様 柳間 陣屋

片桐且元は豊臣秀頼の家老として、大坂の陣の開戦前夜の徳川方との折衝役となるが、大坂方から家康への内通を疑われ、弟の片桐貞隆とともに、大阪城を退去してしまう。

兄、且元の本家は無嗣が二回ほど続いて、名跡は認められたものの、3千石の旗本となってしまうが、且元の弟の片桐貞隆の方は、1万6千石を大和小泉に得て、大名として続く。

貞昌の時に弟貞晴に3千石、三代貞房時に庶兄信隆に1千石を分与、1千石を収公されて、1万1千石となる。

以来一家支配で維新に。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

片桐貞隆(さだたか)

従五位下 主膳正
片桐貞直の子、且元の弟

二代

片桐貞昌(さだまさ)

従五位下 石見守
片桐貞隆の子

三代

片桐貞房(さだふさ)

従五位下 主膳正
片桐貞昌の三男

四代

片桐貞起(さだおき)

従五位下 石見守
片桐貞房の長男の貞尚の二男

五代

片桐貞音(さだなり)

従五位下 主膳正
片桐貞起の子

六代

片桐貞芳(さだよし)

従五位下 石見守
片桐貞音の子

七代

片桐貞彰(さだあき)

従五位下 主膳正
片桐貞芳の子

八代

片桐貞信(さだのぶ)

従五位下 石見守
片桐貞彰の子

九代

片桐貞中(さだなか)

従五位下 主膳正
片桐貞信の子

十代

片桐貞照(さだてる)

従五位下 石見守
片桐貞信の四男

十一代

片桐貞利(さだとし)

なし
美濃高富藩主本庄道美の二男

十二代

片桐貞篤(さだあつ)

従五位下 主膳正
常陸府中藩主松平(水戸)頼縄の弟松平頼功の子

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る