岸和田藩

小出家→松平(松井)家→岡部家

岸和田を領していた小出家が但馬出石へ移り、松平(松井)康重が丹波篠山から入る。

松平康映に継いで、播磨山崎へ。

摂津高槻から、岡部宣勝が5万3千石で入って、以降岡部家の支配で、維新に至る。

岡部家は元々今川家の家臣だったが、今川家没落後、武田家を経て、徳川の臣となったもの。

家光は何かと不穏当な噂もあった紀伊徳川家への抑えとして、岸和田に岡部宣勝を配したとも。


歴代藩主

小出家

5万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

小出秀政(ひでまさ)

従五位下 播磨守
小出正重の子

二代

小出吉政(よしまさ)

従五位下 播磨守
小出秀政の長男

三代

小出吉英(よしふさ)

従五位下 大和守
小出吉政の長男

但馬出石へ

松平(松井)家

丹波篠山より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(松井)康重(やすしげ)

従四位下 周防守
松平(松井)康親の長男

二代

松平(松井)康映(やすてる)

従五位下 周防守
松平(松井)康重の二男

播磨山崎へ

岡部家

摂津高槻より 6万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部宣勝(のぶかつ)

従五位下 美濃守
岡部長盛の長男

二代

岡部行隆(ゆきたか)

従五位下 内膳正
岡部宣勝の長男

三代

岡部長泰(ながやす)

従五位下 美濃守
岡部行隆の長男

四代

岡部長敬(ながたか)

従五位下 内膳正
岡部長泰の二男

五代

岡部長著(ながあきら)

従五位下 美濃守
岡部長敬の二男

六代

岡部長住(ながすみ)

従五位下 内膳正
岡部長著の二男

七代

岡部長修(ながなお)

従五位下 美濃守
岡部長著の四男

八代

岡部長備(ながとも)

従五位下 美濃守
岡部長修の二男

九代

岡部長慎(ながちか)

従五位下 美濃守
岡部長備の二男

十代

岡部長和(ながより)

従五位下 内膳正
岡部長慎の長男

十一代

岡部長発(ながゆき)

従五位下 美濃守
岡部長慎の六男

十二代

岡部長寛(ながひろ)

従五位下 筑前守
岡部長慎の二男

十三代

岡部長職(ながもと)

従五位下 美濃守
岡部長発の長男

和泉の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る