戒重藩・芝村藩

織田家

1万石
外様 柳間 陣屋

織田有楽斎長益は所領を分割して子に与え、四男の織田長政が、大和戒重(かいじゅう)に居所を定めて立藩。

七代織田輔宜の時、居所を芝村へ移転した。四代織田長清の時、幕府に願い出て許されていたが、実際に移転したのは輔宜の時だという。

織田家の大名は、信長二男の信雄の家系が、上野小幡藩→出羽天童藩と、大和宇陀松山→丹波柏原(かいばら)藩となる家の二家があり、信長の弟、有楽斎長益から出る家が、四男長政がこの戒重−芝村藩、五男尚長が大和柳本藩となる。

以上織田家の大名家はいずれも極小藩ながら四家が残っている。どうしても歴史のIFを考えてしまうが、秀吉の家系も、彼にもう少し家族が多いか、秀長に実子でもいれば、秀頼は絶えても、なにがしか残っていたのではないかと、考えてしまう。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

織田長政(ながまさ)

従五位下 丹後守
織田長益の四男

二代

織田長定(ながさだ)

従五位下 豊前守
織田長政の子

三代

織田長明(ながあきら)

従五位下 主殿正
織田長定の子

四代

織田長清(ながきよ)

従五位下 丹後守
大和宇陀松山藩主織田長頼の二男

五代

織田長弘(ながひろ)

不詳
織田長清の二男

六代

織田長亮(ながあき)

従五位下 肥前守
織田長清の四男

七代

織田輔宜(すけよし)

従五位下 丹後守
織田長亮の子

八代

織田長教(ながのり)

従五位下 豊前守
織田長亮の子

九代

織田長宇(ながのき)

従五位下 左衛門佐
織田長教の子

十代

織田長恭(ながゆき)

従五位下 丹後守
織田長宇の子

十一代

織田長易(ながやす)

従五位下 豊前守
美濃苗木藩主遠山友寿の子

大和の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る