姫路藩姫路城の写真へ

池田家→本多家→松平(奥平)家→松平(越前)家→榊原家→松平(越前)家→本多家→榊原家→松平(越前)家→酒井家

国宝・世界遺産として、全国でも最も多くの遺構が残る姫路城。
しかしこの姫路藩、城の立派さに反して、藩主家は安定せず、歴代藩主の述べ人数の面でも、全国一を誇るのではないだろうか・・・・。

池田輝政が52万石で播磨一国を与えられて入るが、三代継いだのち、因幡鳥取へ。

以降は譜代・親藩が配置されるが、頻繁に藩主家が交代するのは、枢要の地の大城には、譜代、家門の柱石たりうる大名を入れる必要があると考えたため、幼主を姫路に置くことを許さなかった点が大きい。

それにしても、短命の藩主=結果としての幼主が非常に多い。

まずは、徳川四天王本多忠勝の子、本多忠政が伊勢桑名より、15万石で入る。三代継いで大和郡山へ。

家康が外孫として特に可愛がっていた松平(奥平)忠明が18万石で入り、弟奥平清道に3万石を分知、次ぎの忠弘は幼く、出羽山形へ。

次ぎは親藩の越前家。出羽山形より、結城秀康五男の松平(越前)直基が、15万石で入ることになるが、国入りを果たさぬまま没し、子の直矩は7歳であったため、越後村上へ。

さらにこれも徳川四天王の榊原康政の三男榊原忠次が、陸奥白河より、15万石で入るが、榊原政倫がこれも3歳で藩主となり、越後村上へ。

越後村上より、引越し大名として生涯に6度の転封を経験する松平(越前)直矩が成長してやっと戻ってくるが、宗家の越後高田の騒動の連座で減封を受け、豊後日田へ。

陸奥福島より、本多忠国が入るが、子の忠孝がまたもや7歳のため、越後村上へ。

越後村上より、榊原家も二度目の姫路入封。これは三代目榊原政岑の不行跡を咎められ隠居謹慎、子の榊原政永が、これもまた7歳のため越後高田へ。

陸奥白河より、松平(越前)家が三度目の入封で松平(越前)明矩が入るが、子の朝矩は11歳で藩主となり上野前橋へ。

入れ替わって上野前橋より、酒井忠恭が15万石で、入ってやっと藩主家は安定し、以降、酒井家の支配で、明治に至る。

酒井家は徳川譜代の中でも、家康から八代の祖、松平親氏の子が酒井広親となったことから出る松平庶流であり、井伊家(直政)は家康の代に今川家からの中途採用であるから、プロパー中のプロパーという意味では本来、譜代筆頭と言える。

酒井家は大きく言うと、酒井忠次・家次父子を祖とする出羽庄内の左衛門尉系酒井家と、酒井重忠を祖とするこの姫路に至る雅楽頭系酒井家があるが、この二つの系統は本多忠勝と、本多正信と同じように、別れたのは古く、酒井広親の代まで遡る。

左衛門尉系酒井家の方が兄筋のようだが、代々大老を出し、下馬将軍酒井忠清を排出したり幕閣に枢要を成すのは雅楽頭系酒井家の方である。
領系統とも庶流に至るまで「忠」の字を通字にしているのでわかりにくいが、上野伊勢崎、若狭小浜、安房勝山、越前敦賀がこの雅楽頭系の分家諸藩にあたる。


歴代藩主

池田家

52万石
外様 国主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

池田輝政(てるまさ)

正三位 参議
池田信輝の二男

二代

池田利隆(としたか)

従四位下 右衛門督 侍従
池田輝政の長男

三代

池田光政(みつまさ)

従四位下 左近衛少将
池田利隆の長男

因幡鳥取へ

本多家

伊勢桑名より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠政(ただまさ)

従四位下 美濃守 侍従
本多忠勝の長男

二代

本多政朝(まさとも)

従四位下 甲斐守 侍従
本多忠政の二男

三代

本多政勝(まさかつ)

従四位下 内記 侍従
本多忠朝の子

大和郡山へ

松平(奥平)家

大和郡山より 18万石
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(奥平)忠明(ただあき)

従四位下 下総守 侍従
奥平信昌の四男

二代

松平(奥平)忠弘(ただあき)

従四位下 下総守 侍従
松平(奥平)忠明の子

出羽山形へ

松平(越前)家

出羽山形より 15万石
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直基(なおもと)

従四位下 大和守 侍従
結城秀康の五男

二代

松平(越前)直矩(なおのり)

従四位下 大和守 侍従
松平(越前)直基の三男

越後村上へ

榊原(松平)

陸奥白河より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

榊原忠次(ただつぐ)

従四位下 式部大輔 侍従
「徳川四天王」榊原康政の長男遠江横須賀藩主大須賀忠政の長男

二代

榊原政房(まさふさ)

従四位下 刑部大輔 侍従
榊原忠次の二男

三代

榊原政倫(まさとも)

従五位下 式部大輔 侍従
榊原政房の長男

越後村上へ

松平(越前)家

越後村上より 15万石  
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)直矩(なおのり)

従四位下 大和守 侍従
松平(越前)直基の三男

豊後日田へを経て陸奥山形へ

本多家

陸奥福島より 15万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

本多忠国(ただくに)

従四位下 中務大輔 侍従
松平(水戸)頼元の二男(頼元は水戸初代徳川頼房の三男)、本多政長の養子となる。

二代

本多忠孝(ただたか)

なし
本多忠国の三男

越後村上へ

榊原家

越後村上より 15万石  
親藩 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

榊原政邦(まさくに)

従四位下 式部大輔 侍従
一門榊原伊織勝直の長男

二代

榊原政祐(まさすけ)

従四位下 式部大輔
榊原政邦の長男

三代

榊原政岑(まさみね)

従四位下 式部大輔
榊原政邦の弟で別家旗本1千石榊原伊織勝治の子

四代

榊原政永(まさなが)

従四位下 式部大輔 侍従
榊原政岑の子

越後高田へ

松平(越前)家

陸奥白河より 15万石
親藩 大広間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(越前)明矩(あきのり)

従四位下 大和守 侍従
松平(越前)直矩の三男白河新田藩主松平知清の長男
二代

松平(越前)朝矩(とものり)

従四位下 大和守 侍従
松平(越前)明矩の長男

上野前橋へ

酒井家

上野前橋より 15万石
譜代 溜間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

酒井忠恭(ただずみ)

従四位下 雅楽頭 左少将
越前敦賀藩主酒井忠菊の三男

二代

酒井忠以(ただざね)

従四位下 雅楽頭 侍従
酒井忠恭の子酒井忠仰の子

三代

酒井忠道(ただひろ)

従四位下 雅楽頭
酒井忠以の長男

四代

酒井忠実(ただみつ)

従四位下 雅楽頭
酒井忠以の二男

五代

酒井忠学(ただのり)

従四位下 雅楽頭
酒井忠道の七男

六代

酒井忠宝(ただとみ)

従四位下 雅楽頭 侍従
酒井忠実の八男酒井忠なお(言偏に黨)の長男

七代

酒井忠顕(ただてる)

従四位下 雅楽頭 左近衛権少将
酒井忠実の九男である三河田原藩主三宅康直の二男

八代

酒井忠績(ただしげ)

従四位下 雅楽頭 左近衛権少将
分家旗本5千石酒井忠誨の長男

九代

酒井忠惇(ただとう)

従四位下 雅楽頭 侍従
分家旗本5千石酒井忠誨の四男

十代

酒井忠邦(ただくに)

従四位下 雅楽頭 侍従
上野伊勢崎藩主酒井忠恒の子

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る