彦根藩 彦根城の写真 All Photo By Ken究所長

井伊家

上野高崎より 18万石→35万石
譜代 溜間 城主

徳川四天王一人井伊直政は、関ヶ原の勲功を持って、石田三成の居城であった近江佐和山に18万石を得る。

井伊家は家格として譜代筆頭だが、いわゆる三河譜代ではなく、遠江井伊谷の豪族で今川義元の臣であった。
桶狭間での今川家瓦解後、徳川の臣となる。しかし家康の信任篤く(一説には男色を好まなかった家康の唯一のパートナーが井伊直政だったとも)、関東入りにあたっても、関ヶ原戦後の加増でも、譜代第一の領地を得る。古くからの三河譜代の臣の中には直政の功を認めつつも、妬心を抱くものも多かったと言う。

以降も先例として徳川軍制の先鋒を仰せつかる例となり、酒井家と並んで、歴代大老を出す家系となる。

井伊直政は関ヶ原での島津維新入道義弘追撃戦の怪我が元で亡くなり、長男直勝が継いで、彦根に新城を築城を開始する。

ところが井伊直勝は病弱で、大坂の陣への参陣がかなわず、弟直孝が参陣。家康から彦根は二男直孝が継いで、直勝は別家を立てるよう命ぜられる(上野安中藩)

直澄、直該=直興、直幸、直亮と、大老に就任している。

井伊直興は中興の名君とされる。大老となるが、病を得て、ようやく13歳となった八男の直通に藩主を譲り、彦根に隠居して直治と改名。ところが直通がすぐに亡くなり、十男の直恒が継ぐが、これもわずか50日で亡くなる。
直治は既に剃髪していたが、江戸に出て再度大老職につき、井伊直該と名を改める。
13男の直惟が15歳になったので、ようやく再度隠居、名を元の直興に改めた。

歴代藩主中でも著名なのは何と言っても井伊直弼であろう。幕末史を描いた小説では常に大悪役だが、吉村昭氏の「桜田門外の変」(新潮文庫)は吉村昭氏一流の冷静客観的な視点で井伊直弼の周囲を描いた好著。

鳥羽伏見では慣例で幕軍の先鋒となるが、真っ先に潰走し、あとには「井伊の赤備え」の甲冑が累々と遺棄してあったというのは有名なエピソード。甲冑を脱ぎ捨てて潰走したのである。


歴代藩主

 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

井伊直政(なおまさ)

従四位下 兵部大輔
井伊直親の子

二代

井伊直勝(なおかつ)
<上野安中藩立藩別家>

従四位下 兵部大輔
井伊直政の長男

三代

井伊直孝(なおたか)

正四位上 左中将
井伊直政の二男

四代

井伊直澄(なおずみ)

従四位下 左少将 掃部頭
井伊直孝の五男

五代

井伊直興(なおおき)
のち直治(なおはる)直該(なおもり)

正四位上 掃部頭 左中将
井伊直孝の四男直時の長男

六代

井伊直通(なおみち)

従四位下 掃部頭 侍従
井伊直興の八男

七代

井伊直恒(なおつね)

従四位下 掃部頭 侍従
井伊直興の十男

八代(再勤)

井伊直興(なおおき)
のち直治(なおはる)直該(なおもり)

正四位上 掃部頭 左中将
井伊直孝の四男直時の長男

九代

井伊直惟(なおのぶ)

従四位下 左少将 掃部頭
井伊直興の十三男

十代

井伊直定(なおさだ)

従五位下 掃部頭
井伊直興の十四男

十一代

井伊直※(なおよし)

従五位下 掃部頭
井伊直惟の二男

十二代(再勤)

井伊直定(なおさだ)

従五位下 掃部頭
井伊直興の十四男

十三代

井伊直幸(なおひで)

従四位下 掃部頭 侍従
井伊直惟の三男

十四代

井伊直中(なおなか)

従四位下 掃部頭 侍従
井伊直幸の七男

十五代

井伊直亮(なおあき)

従五位下 掃部頭
井伊直中の三男

十六代

井伊直弼(なおすけ)

従四位下 掃部頭 侍従
井伊直中の十四男

十七代

井伊直憲(なおのり)

従四位上 左近衛権中将
井伊直弼の二男

※:十代直よしの「よし」は示篇に是(第二水準外)

近江の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る