林田藩

建部家

摂津尼崎より 1万石
譜代 柳間 陣屋

摂津尼崎で1万石を得ていた建部政長が領地を播磨に移され、林田に陣屋を構えて立藩。

以降、建部家一家支配で、維新に至る。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

建部政長(まさなが)

従五位下 丹波守
建部光重の三男

二代

建部政明(まさあき)

従五位下 丹波守
建部政長の三男

三代

建部政宇(まさのき)

従五位下 内匠頭
建部政長の五男

四代

建部政周(まさちか)

従五位下 丹波守
建部政宇の二男

五代

建部政民(まさたみ)

従五位下 丹波守
建部政周の長男

六代

建部長教(ながのり)

従五位下 近江守
建部政民の長男

七代

建部政賢(まさかた)

従五位下 内匠頭
建部政民の四男

八代

建部政醇(まさあつ)

従五位下 内匠頭
建部政賢の子

九代

建部政和(まさより)

従五位下 内匠頭
建部政醇の長男

十代

建部政世(まさよ)

従五位下 内匠頭
建部政醇の二男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る