伯太藩

渡辺家

1万3千石
譜代 菊間 陣屋

祖の「鎗の半蔵」渡辺守綱は、家康に仕えて、武功をあげ、関東入りにあたっては武蔵のうちに3千石を得た。のち1万4千石となるが、この嫡流の家は尾張徳川家の重臣となって、続く。

この伯太藩の渡辺家は守綱の嫡子重綱の二男、忠綱が別家を許され、武蔵に3千石を得たことに始まる、忠綱は早世するが、弟の重綱四男、渡辺吉綱に家督がゆるされた。
吉綱は累進して、武蔵、和泉、河内で1万3千石を領するに至り、諸侯に列する。
当初武蔵野本に居所を構え、方綱(まさつな)、基綱と継ぐが、武蔵の領地を近江に移されたことを契機に、居所を和泉大庭寺に移し、さらに和泉伯太に移した。


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

渡辺基綱(もとつな)

従五位下 備中守
尾張徳川家家臣の渡辺長綱の子で、渡辺方綱の養子となる

二代

渡辺登綱(のりつな)

従五位下 越中守
渡辺基綱の長男

三代

渡辺信綱(のぶつな)

従五位下 豊前守
渡辺登綱の二男

四代

渡辺伊綱(これつな)

従五位下 丹後守
渡辺信綱の二男

五代

渡辺豪綱(ひでつな)

従五位下 越中守
渡辺信綱の三男

六代

渡辺春綱(はるつな)

従五位下 大学頭
渡辺豪綱の長男

七代

渡辺則綱(のりつな)

従五位下 越中守
渡辺豪綱の六男

八代

渡辺潔綱(きよつな)

従五位下 備中守
渡辺則綱の子

九代

渡辺章綱(あきつな)

従五位下 備中守
渡辺潔綱の子

和泉の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る