福知山藩 福知山城址の写真 All Photos by Ken究所長

有馬家→岡部家→稲葉家→松平(深溝)家→朽木家

有馬豊氏は関ヶ原の戦功で丹波福知山6万石を得て、立藩。筑後久留米へ。

丹波亀山より、岡部長盛が5万石で入って美濃大垣へ。
摂津中島より、稲葉紀通が4万5千石で入るが、突然自殺し除封。
三河刈谷より、松平(深溝)忠房が成重が4万5千石で入って、肥前島原へ。
常陸土浦より、朽木稙昌が3万2千石で入り、以降、朽木家の一家支配で、明治に至る。

朽木家はご存知の通り、近江朽木谷に住んだ近江源氏の名流だが、朽木稙昌の父朽木稙綱は関ヶ原で西軍から東軍に寝返った朽木元綱の三男で、家光の小姓となって、累進して大名となったものである。

大名家としての朽木家はこの福知山藩だが、この家は宗家ではなく、朽木家の宗家、元綱の嫡流は近江朽木にあって交替寄合として続いていく。

このような経緯から、福知山の朽木家は、稙綱が家光の側近としての取り立てで大名になったため、譜代大名となっている。
同様に宗家が外様で、二男三男が旗本として別家を立てていたものが、累進して大名となった場合、本家が外様で分家の方が譜代大名となる例は他にもいくつかある。

地図はこちら 周辺図


歴代藩主

有馬家

6万石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

有馬豊氏(とようじ)

従四位下 玄蕃頭 侍従
有馬則頼の二男

筑後久留米へ

岡部家

丹波亀山より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

岡部長盛(ながもり)

従五位下 内膳正
岡部正綱の長男

美濃大垣へ

稲葉家

摂津中島より 4万5千石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

稲葉紀通(のりみち)

従五位下 淡路守
稲葉道通の子

自殺改易

松平(深溝)家

三河刈谷より 4万5千石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(深溝)忠房(ただふさ)

従五位下 主殿頭
松平(深溝)忠利の長男

肥前島原へ

朽木家

常陸土浦より 3万2千石
譜代 雁間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

朽木稙昌(たねまさ)

従五位下 伊予守
朽木稙綱の長男

二代

朽木稙元(たねもと)

従五位下 民部大輔
朽木稙昌の長男

三代

朽木稙綱(たねつな)

従五位下 伊予守
朽木稙元の長男

四代

朽木稙治(たねはる)

従五位下 土佐守
二代朽木稙元の弟

五代

朽木玄綱(とうつな)

従五位下 土佐守
美濃岩村松平(大給)乗紀の五男

六代

朽木綱貞(つなさだ)

従五位下 大炊頭
四代朽木稙治の弟朽木迪綱の子

七代

朽木舖綱(のぶつな)

従五位下 伊予守
五代朽木玄綱の子

八代

朽木昌綱(まさつな)

従五位下 近江守
六代朽木綱貞の子

九代

朽木倫綱(ともつな)

従五位下 土佐守
七代朽木舖綱の子

十代

朽木綱方(つなかた)

従五位下 土佐守
八代朽木昌綱の子

十一代

朽木綱条(つなえだ)

従五位下 隠岐守
九代朽木倫綱の子

十二代

朽木綱張(つなはる)

従五位下 近江守
近江膳所藩主本多康禎の子

十三代

朽木為綱(もりつな)

従五位下 近江守
朽木綱張の子

丹波の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る