麻田藩麻田藩陣屋跡 All Photo by Ken究所長

青木家

新知取立 1万石
外様 菊間 陣屋

この麻田藩青木家もちょっと変わった来歴である。

藩祖青木一重は、大坂の陣まで豊臣秀頼の臣であり、七手組の一手頭を任せられる重臣であった。それが秀頼滅亡後、剃髪したが、家康のたっての願いで新知召し出しとなり、摂津麻田に1万2千石を与えられるのである。

もともと青木家は、美濃の豪族。土岐家、斎藤家、織田家と美濃を支配した主君に仕えてきた、青木一重の父、重直は、羽柴秀吉に仕え、嫡子青木一重は今川家に仕えて、今川家滅亡後は父重直の武勇を聞いていた家康に召し出される。
しかし、その後父の縁で豊臣家の臣となり、大坂落城に至る。

大坂の陣まで豊臣方であったものを、少禄といえども、大坂にごく近い、摂津麻田に封ずるというのも家康がよほど青木一重を買っていたものと思われる。

青木家の一家支配で維新に至る。

地図はこちら 周辺図


歴代藩主
 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青木一重(かずしげ)

従五位下 民部少輔
青木重直の長男

二代

青木重兼(しげかね)

従五位下 甲斐守
青木一重の弟青木可重の子

三代

青木重成(しげなり)

従五位下 甲斐守
駿河大納言徳川忠長の附け家老朝倉宣親の長男

四代

青木重矩(しげのり)

従五位下 甲斐守
青木重成の長男

五代

青木一典(かずつね)

従五位下 甲斐守
青木重矩の長男

六代

青木一都(かずくに)

従五位下 甲斐守
青木一典の長男

七代

青木見典(ちかつね)

従五位下 内膳正
青木一典の二男

八代

青木一新(かずよし)

従五位下 美濃守
青木一典の三男

九代

青木一貫(かずつら)

従五位下 甲斐守
伊予宇和島藩主伊達村年の三男

十代

青木一貞(かずさだ)

従五位下 甲斐守
青木一貫の四男

十一代

青木重竜(しげたつ)

従五位下 民部少輔
青木一貞の長男

十二代

青木一興(かずおき)

従五位下 美濃守
青木一貞の六男

十三代

青木一咸(かずひろ)

従五位下 甲斐守
豊前中津藩主奥平昌高の八男

十四代

青木重義(しげよし)

従五位下 民部少輔
十一代青木重竜の子

摂津の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る