尼崎藩尼崎城跡 All Photos by Ken究所長

建部家→戸田家→青山家→松平(桜井家)

建部政長が大坂の陣の功でそれまでの700石から一気に尼崎1万石の大名となり、尼崎藩が成立する。
播磨林田へ転出。

近江膳所より、5万石で入った戸田氏鉄は尼崎城を築城し、美濃大垣へ。

遠江掛川より、青山幸成が5万石で入り、4代継いで信濃飯山へ。

遠江掛川より、松平(桜井)忠喬が4万石で入り、以後、桜井松平家の支配となる。


歴代藩主

建部家

新知 1万石
外様 柳間 陣屋


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

建部政長(まさなが)

従五位下 丹波守
建部光重の三男

播磨林田へ

戸田家

近江膳所より 5万石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

戸田氏鉄(うじかね)

従五位下 采女正
戸田一西の子

美濃大垣へ

青山家

遠江掛川より 2万石
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

青山幸成(ゆきなり)

従五位下 大蔵少輔
青山忠成の四男

二代

青山幸利(よしとし)

従五位下 大膳亮
青山幸成の長男

三代

青山幸督(よしまさ)

従五位下 播磨守
青山幸利の子青山幸実の長男

四代

青山幸秀(よしひで)

従五位下 大膳亮
青山幸督の長男

信濃飯山へ

松平(桜井)家

遠江掛川より 4万6石
譜代 帝鑑間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

松平(桜井)忠喬(ただたか)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠倶の子忠継の二男

二代

松平(桜井)忠名(ただあきら)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠喬の二男

三代

松平(桜井)忠告(ただつぐ)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠名の三男

四代

松平(桜井)忠宝(ただとみ)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠告の二男

五代

松平(桜井)忠誨(ただのり)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠宝の二男

六代

松平(桜井)忠栄(ただなが)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠告の子、忠宝の弟

七代

松平(桜井)忠興(ただおき)

従五位下 遠江守
松平(桜井)忠栄の七男

摂津の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る