赤穂藩

池田家→浅野家→永井家→森家

播磨は関ヶ原処分後は池田輝政が播磨一国を領していて、輝政の五男池田政綱が赤穂郡3万5千石を分知され成立。嗣子無く除封となるが、弟の池田輝興が播磨平福で2万5千石を得ていたものを1万石加増で、赤穂藩を元高通り継ぐことを許される。
しかし池田輝興は突如乱心、妻子・侍女を斬り、改易。

常陸笠間にあった浅野分家の浅野長直が5万3千石で入る。

長友、長矩と継ぐが、浅野長矩は世に有名な殿中刃傷事件で改易。

下野烏山より、永井直敬が3万3千石で入り、信濃飯山へ。

美作津山藩を断絶された森家の名跡を継いだ森長継が、備中西江原2万石を経由して、子の森長直が2万石で赤穂に入る。

織田信長股肱の臣であった森兄弟も蘭丸、坊丸、力丸の三兄弟が本能寺で信長に殉じ、嫡男の「鬼武蔵」森長一も本来政治戦であったはずの長久手の戦いで討ち死にしてしまい、唯一の生き残り、末弟の森忠政が秀吉、家康に仕えて、美作18万石を得る。

忠政の養子森長継の以降の藩主に恵まれず、早世が続き、ついには乱心除封。
幸いに四代前の藩主森長継が87歳で健在でいたため、名誉ある森家の家柄を考慮し、長継に再出仕を命じ、備中西江原に2万石ながら名跡復興を許される。

長継八男の森長直が赤穂に入り、以降、森家の支配で幕末に至る。

現在赤穂を訪れても、浅野浪士一色で、最も治世の長かった森家に関するエピソードに接することはほとんどない。

浅野家に関して言えば、もともと常陸にあった領地は浅野幸長が家督したとき、隠居の父浅野長政の隠居領として賜ったもので、長政没後、長政の三男長重に別家として存続が認められたものに端を発している。
広島の浅野本家から見ると本藩から分知した領地でもなく、5万3千石は決して少禄ではないが、元々付録のような支藩であり、やはりあの状況下では、トカゲのしっぽ。火中の栗に手を出す気になれなかったのも止む無しだろう。

赤穂という土地から見ても、浅野家の統治が美化されすぎている感があるが、常陸笠間から移って、50数年ほどの治世で、地生えの御家というわけでもないのだが・・・。

四十七士のメンバーも、笠間以来の譜代の家のものは案外少なく、大石内蔵助本人については、その思惑がどのあたりにあったか、むずかしいところだが、多くの参加した浪士の高揚感は、穿った見方をすれば、浅野家累代の恩に報いるという意味での「忠臣」という概念とは違ったところにあったのではないだろうか。


歴代藩主

池田家

分知 3万5千石
外様 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

池田政綱(まさつな)

従四位下 右京大夫
池田輝政の五男

二代

池田輝興(てるおき)

従四位下 右近大夫
池田輝政の六男

乱心除封

浅野家

常陸笠間より 5万3千石  
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

浅野長直(ながなお)

従五位下 内匠頭
浅野長重の長男

二代

浅野長友(ながとも)

従五位下 采女正
浅野長直の長男

三代

浅野長矩(ながのり)

従五位下 内匠頭
浅野長友の長男

刃傷改易

永井家

下野烏山より 3万3千石  
譜代 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

永井直敬(なおひろ)

従五位下 伊豆守
永井尚庸の長男

信濃飯山へ

森家

美作津山〜備中西江原より 2万石
外様 柳間 城主


 

藩主

官位・通称

出自(実父・嫡出関係)

初代

森長直(ながなお)

従五位下 和泉守
美作津山藩主森長継の二十三男

二代

森長孝(ながたか)

従五位下 志摩守
一門家臣森采女三隆の子

三代

森長生(ながなり)

従五位下 越中守
家臣各務伊織利直の子

四代

森政房(まさふさ)

従五位下 伊勢守
家臣各務伊織利直の子

五代

森忠洪(ただひろ)

従五位下 和泉守
一門家臣森縫殿正典の子

六代

森忠興(ただおき)

従五位下 山城守
森忠洪の長男

七代

森忠賛(ただすけ)

従五位下 大内記
森忠洪の三男

八代

森忠哲(ただあきら)

従五位下 和泉守
森忠賛の長男

九代

森忠敬(ただたか)

従五位下 肥後守
森忠賛の三男

十代

森忠徳(ただのり)

従五位下 越中守
森忠敬の子

十一代

森忠典(ただつね)

従五位下 美作守
森忠徳の二男

十一代

森忠儀(ただのり)

従五位下 越後守
森忠徳の三男

播磨の諸藩に戻る

近畿の諸藩に戻る

三百藩TOPに戻る